fc2ブログ
line-s
11.30

かなり以前、知人が実家から持ってきてくれた衝撃の味わい



              枝豆の古漬け




枝豆の古漬け

7月末に浸けたもの 酸っぱくないけど漬物にはなってる




子供のころから普通に茹でた枝豆しか食べたことがなかったワタシは、知人から
頂いた枝豆に衝撃を受けた。



まず、色が鮮やかじゃない。妙に酸味がある。
まさか腐ってんじゃないの??と言ってみたところ「それ、漬物だよ」との答えが。



世の中には知らないことが多すぎる。
知らなくてもいいことはどうでもいいけど、これは興味がわいて、なぜか切ない
美味しさで、知人におねだりしたほどハマった。



それ以降、百貨店の漬物売り場で何度も遭遇したけれど、侮れない高価さに
購入をためらった。
それなら作っちゃえ!とネットで検索したのが7月。




材料
生の枝豆 300g
水 300cc
塩 大さじ2
鷹の爪 1本 お好みで



作り方
保存用袋ジップロックなどに、水と塩と鷹の爪を入れ、塩を溶かしておく



お湯を沸かし、洗った枝豆を2-3分、少し固めに茹でる



お湯を切った枝豆が暖かいうちに保存用袋に入れ、空気を抜いて冷めたら冷蔵庫
で保存する



2-3日過ぎれば浅漬け状態、酸味が出てくるまではもうしばらくかかるので、
冷蔵庫保存



更にもっと長くつけておけば、乳酸発酵が進み酸っぱさと塩気のまじりあった
保存食品としての古漬けができる。地域によってはお正月のお酒のつまみ
に使われるらしい。






調べてみると、やはり北海道南部地方と青森の郷土料理だとのこと。
お正月などに、夏に里帰りできなかった人達が食べられなかった枝豆を、
塩蔵保存して食べさせていたらしい。
生まれ育った地域が違えばまったく口にすることのない、食べ物だと納得。
とにかく、少し酸っぱくなった方が味わいが増し、塩を付け替えては何年も
の間、食べられる古漬けも存在するらしい。
うーん。奥が深いなぁ~









にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







スポンサーサイト



line
プロフィール

jiab

Author:jiab
ぐーたらながらどうにか一人暮らし。何気に軽いダイエットをしながらの筋肉製作中。世の中に恥ずかしいぐらいやる気が足りないブログかも。どーもスミマセン。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カテゴリ
back-to-top