FC2ブログ
line-s
03.28

先日お友達にいた乃が美の食パンにショックを受け、たまたま大丸で見つけた



     銀座 に志かわの食パン




に志かわの食パン




たまたま用事で出かけていたので、大丸百貨店に寄ってみた。
時々、変わったお野菜類が置いてあるので、野菜コーナーを見る。
確かにつやつやで新鮮なお野菜が目白押しだけど、いつも購入している
市場系スーパーの3倍ほどのお値段に、引く。



せっかくの百貨店なのに、地下の食料品売り場にしか興味がなく、何か美味
しそうな物はないかなぁ、とウロウロしていると、先日お友達に頂いて痛く
感動した乃が美の食パンみたいに、うやうやしく紙袋に入れられて並んでいる
食パンを発見。
その名は「銀座 に志かわ」。
まったくしらなかったけど、高級食パンなのだけはわかった。
次から次へとお客さんが並ぶので、いや、これは買ってみなくては、と、1本
購入。



乃が美の時に非常に感動したんだけど、違いが判るかなぁと考えながらも
悩むことなく即購入。だって、なかなか百貨店になんか来ないし、今買わな
くて、いつかうの、てな感じ。


生のままで食べてみたけど、乃が美の食パンとの違いはよくわからない。
でも、先日乃が美の食パンをくれた友達が、ぜひトーストして食べて欲しか
った!!と言っていたので、今回は厚切りトーストにして、バターを塗って
たべてみたところ、甘い!!美味しい!!
さすが高級というだけはある。参りました。


朝はパンが多いので、これからも見かけたら購入すると思われる高級食
パン。残りは厚切りにしてラップをかけてしっかり冷凍庫へ。


高級食パンって800円ぐらいだけど、やっぱ違うな~と感じたのであった。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







スポンサーサイト



line-s
03.27

大好きな芳香?のチャオム入手につき




     チャオムと春雨の炒め物

           ชะอมผัดวุ้นเส้น



チャオムと春雨の炒め物




チャオムはタイでよく食べられる野菜だけど、日本名はアカシア、アカシアの新芽の
部分。このニオイの強い野菜は、日本では受け入れられないかもしれない。



でもワタシは、似た香りのサトーマメなどが大好物。
よく、ゲーンソムに添える具材として、チャオムの卵焼きがある。
あの、独特の硫黄クサい香りがたまらなく好きなのだ。




チャオム




チャオムには茎に小さな棘があるので、それを取り除き、葉の部分をしごく
ように外して食べられる。とても滋味深い野菜だ。




材料
チャオム  30g
豚ひき肉  50g
春雨  50g ぬるま湯で戻し、半分にカットしておく
シメジ  30g ほぐしておく
アスパラ 太目を一本 斜めスライス
赤パプリカ 8分の1個
たまご 1個
油  適量
オイスターソース 大さじ1
シーイウダム 大さじ2分の1
ナンプラー 大さじ1/2
砂糖 小さじ2分の1
水 100㏄
お好みで味の素 少々



作り方
たまごをわりほぐしておく


春雨はぬるま湯で戻しておく


フライパンに少量の油を入れ、ひき肉を炒め、火が通ったらしめじ、アスパラと
赤パプリカ加えて炒め、水100㏄を加える


水分が減ってきたら春雨と調味料を加えて炒め合わせ、フライパンの空いた
部分にたまごを加え、炒める


たまごに火が通ったらチャオムを加えて軽く火を通す



野菜類はあるもので。
チャオムの香りが強いので、どんな野菜類にも勝ってしまうから。
スープに入れたり、卵焼きにしたり、チャオムがあるうちはいろいろと楽しもう。









にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.25

以前にパット・キーマオの素で作って、その辛さに悶絶したけど



     スパゲティ・パット・キーマオ

       พาสต้าผัดขี้เมา パット・キーマオパスタ



su.jpg





本来はタイの米麺の中でも太目のセンヤイで作るんだけど、近頃はパスタで
作る場合も多いみたい。
最近パスタづいているので、迷わずパスタで作ってみた。



材料
パスタ 100g 時間より1分短く茹でる
お好きなひき肉 100g 豚ひき肉や合いびきなど
ニンニク 1片 みじん切りか石臼で潰す
ガパオ(ホーリーバジル) 一掴み これがないとできない
生赤唐辛子 1-2本みじん切りか石臼で潰す
      辛ければ辛いほどキーマオ(酔っ払い)風!
赤パプリカ 4分の1個を縦にスライスしてさらに半分にカット
ベビーコーン 4-5本 1本を斜めにスライス
アスパラ 太目なら1本程度を斜めスライス



調味料
ナンプラー 大さじ1.5
オイスターソース 大さじ1弱
シーイウカオ 小さじ1
シーイウダム 小さじ2分の1 粘度があるためドロっと出てしまうのでご注意
砂糖 小さじ1弱
お好みで味の素 少々




間違いなく美味しいナンプラーはこれ



作り方
パスタはお湯の量と塩加減をきちんとして、指定時間より一分早くゆで上げる


パスタを茹でている間に、フライパンに少量の油を加えてひき肉を炒め、火が
通ったら余分に出た脂をふき取り、別皿に取っておく


更にフライパンに油を少々加え、ニンニクのみじん切りと赤唐辛子を加えて火を
付け、中火で香りが出てきたらガパオ以外の野菜類を炒め、ひき肉を戻す


パスタが茹で上がる前に、大さじ5杯ほどのゆで汁を加え、パスタが茹で上がった
ところで強火にし、パスタと具材、調味料をすべて加えて炒めながら混ぜ合わせる


出来上がりにガパオの葉を加え、火が通るまで炒める




辛くて甘くてガパオの葉は香ばしく、最高に美味しい。
唐辛子2本でこの辛さなら、あと1-2本足してもよかったかも。
初めて作ったけど、ガパオ炒めとあまり変わりがないので、ちょっと懐かしい
お味。ガパオがあるときには、時々作ろう!







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.24

いつも行く市場系スーパーにパクチーを探しに行って 目に付いたのが



       980円の毛ガニ




980円のけがに




確かにお手軽サイズではある。
甲羅の大きさを測ってみたら、8㎝だった。
甲羅に傷があるものの、数匹あった中で一番重かったので、これに決定。



この地域の特典かもしれないけど、時々、なんでこんなにお安いんだろうという
海の幸に出会う。
沢山取れすぎてお安かったり、今回のようにサイズがイマイチ小さくて、一般の
店舗などでは売れないようなお品が、特価で手に入る。



毛ガニは資源保存のためにメスをとってはいけないことになっているのでたまご
さえないけれど、その代わりサイズの割には、カニ味噌がたっぷり。
この大きさの毛ガニはおやつ感覚なので、ハサミ片手におやつとして頂いた。



お味にそん色はなし!
胴体は大胆にミソをスプーンで、胴体は手で割りながら、脚はハサミを入れながら
ホジホジ。
毛ガニは食べにくい分、かたまりが食べられるととても幸せ。
とっても美味しいおやつになった。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.23

近頃、シューマイとパスタがマイブームなので



         お花シューマイ




お花シューマイ




シューマイは美味しい。
何故か最近、特に美味しく感じる。
シューマイもいろいろと作りたくて、ネットで検索しまくっていたら、とてもきれい
なシューマイが見つかったので、アレンジして真似っこ。



材料
豚ひき肉 150g
むきエビ 30g 粗みじんに叩く
玉ねぎ 4分の1個 細かいみじん切り
しいたけ 3枚ほどをみじん切り
キャベツやレタス、白菜などの葉野菜 適宜
塩こしょう
シューマイの皮 適宜
片栗粉 大さじ1
塩コショウ 適宜
すりおろしショウガ 少々


作り方
余分な調味料などは入れないでシンプルにお肉の旨味を味わおう


玉ねぎ、しいたけをみじん切りにし、片栗粉をまぶしておく


シュウマイの皮は3-5㎜程度の細さにカットしておく


玉ねぎとシイタケのみじん切りに豚ひき肉とむきエビを加え、粘りがでるまで練る


肉だねは30分ほど冷蔵庫で休ませる


30分後、適度な大きさ(お好み)に肉だねを丸め、カットした皮の上で転がし、
皮を安定させる


蒸し器に水を張り温め、かさ上げするような器具を乗せ、お皿にシュウマイの下
に敷くキャベツなど敷き詰めた上にシュウマイを並べ、10分―15分蒸す


面倒なら、お皿に野菜類を乗せたうえにシュウマイを乗せて、濡らしたキッチン
ペーパーをかぶせ、軽くラップを掛けてレンジで4分程


中まで火が通ったら、からし醤油、あるいはからし酢醤油でいただく




ワタシって、一度気に入るとずっとそれを作り続けるタイプかもしれない。
これは一人暮らしだから許されることだけど、美味しいものは探求したいのだ。
同じような素材でも、こうやったらもっと美味しいかな、どうしたらもっと美味しく
なるのかな、なとど常に考えているかも。食べることしか楽しみはないのか!


ワタシの一番の趣味はタイに行くことなんだけど、それがかなわない今は、
おウチで楽しくお料理したいのが一番なのかもしれない。


いやぁ、美味しかったよ、お花シューマイ。




にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.21

お好み焼きにもいろんな具材があるように、チヂミにも



         豚バラチヂミ




豚バラチヂミ




本場のお好み焼きは、ネギ焼きが好み。
あとはスジこんかな。
でも豚バラ玉も大好き。
もちろんチヂミも大好き。
今回は、豚バラでチヂミを作ってみます。



材料
豚バラ肉 100g~
にら 半束 5㎝ほどにカット
玉ねぎ 8分の個 薄くスライス
粉類 薄力粉、片栗粉、あれば米粉か上新粉を、3:1:1程度の割合
たまご 1個
ダシダ 適量  
しょうゆ 小さじ1
水 粉類がシャバシャバになる程度     
ごま油 適量      







つけだれ
醤油 大さじ2
お酢 大さじ1
ネギの青い部分または万能ねぎ 適宜
粉唐辛子 少々
白ごま 少々



作り方
粉類をすべて混ぜ合わせ、たまごと水を加えて混ぜ合わせておく


カットしたニラ、玉ねぎと醤油を混ぜ合わせて、更に混ぜる


フライパンにごま油を敷き、まだ冷たいうちからタネを加え、形作る


中火から弱火で加熱し、上に豚バラ肉を敷き詰め、上から押さえつけるように


下の部分がカリッと焼けて来たら裏返し、豚バラにも火が通るように焼く


2-3回裏返しながら焼き、豚バラがカリッとなるまで焼き、裏表に火が通った
ところで出来上がり


食べやすい形にカットし、更にごま油で二度焼きすると香ばしくなって美味しい




いつもは大きなままお箸でちぎって食べていたけど、今回は四角く食べやすく
カットしてみた。カットするときには、ニラが切りにくいので注意が必要。
豚バラ肉が香ばしくカリッと焼けていて久しぶりのチヂミ、やっぱり美味しい。
また思い出したら具材を変えてつくってみようっと。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.20

時々めちゃくちゃ食べたくなるパッタイ たまごで包んでみた



       パッタイ・ホーカイ

           ผัดไทยห่อไข่



パッタイホーカイ




時々ものすごくパッタイが食べたくなる。
あの、甘酸っぱいソースがクセになるみたい。
今回は単なるパッタイじゃなくて、網目に焼いたたまご焼きで包んだ、パッタイ
ホーカイを作ってみることに。




材料
乾燥米麺(センレック) ぬるま湯で戻して一人100g弱
バナメイエビ 4-5尾  尾を残して皮を剥き背ワタを取っておく
豚肉スライス 30g 食べやすい大きさにカット
たまご 1個
たまねぎ 8分の1をスライス
ニンニク 1片 みじん切り
たくわん 薄切り2-3枚を粗みじん切り
もやし ひと掴み
にら 20gほどを3㎝長さにカット
干しエビ 大さじ1を水で戻して細かくカット
クラッシュピーナッツ 大さじ1-2
粉唐辛子 小さじ1-2 お好みで
パクチー 適宜
マナオまたはライムを1カット 



ソース
タマリンドウォーター 30㏄
ヤシ砂糖   20g
ナンプラー  大さじ1








作り方
タマリンドソースの材料をすべて鍋に加え火に掛け、砂糖が溶けて少し煮詰まる
まで加熱して、冷ましておく


たまごを割溶き、薄く油を敷いたフライパンに、たまご液を5本の指にたっぷり
付けて網目になるように焼いておく


フライパンにサラダオイルを敷き、ニンニクのみじん切りを加えて火に掛ける


ニンニクが香ってきたらすぐに豚肉、エビを加えてニンニクが焦げないうちに玉ねぎ、
干しエビ、たくあんを加えて炒め、火が通ってきたら戻しておいたセンレックを加え
る。


センレックが柔らかくなったらニラ、もやしを加えて炒めあわせ、タマリンドソース
を加えてよく混ぜる


出来上がったら取っておいた網目卵焼きを上から乗せ、包む


皿に、カットしたライム、粉唐辛子、グラニュー糖、砕いたピーナッツ、生のニラ、
もやしを乗せ、たまごの上にパクチーを飾って出来上がり



とにかく、たまごの網目焼きが非常に難しい。
以前チャレンジして、失敗すること2回。
今回は慎重に、かつ素早くたまご液を指から落とすことに必死に。
どうにか形になったので、良かった良かった。
そのお味はとても美味しかった!







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.19

肉厚なしいたけがお安かったので



     しいたけシューマイ



しいたけシューマイ





こないだテレビの料理コーナーで観た記憶がうっすらある、しいたけシューマイ。
割とお安くて肉厚なしいたけをいつものお安い市場系スーパーで手に入れたので、
つくってみることにした。
しいたけの旨味と豚ひき肉の旨味、とってもマッチすると思われ。
作り方もカンタンだし、トライ!!




材料
大きさは問わず、肉厚のしいたけ 適当枚
豚ひき肉 150g
玉ねぎ 4分の1個 細かいみじん切りに
しいたけの軸 石突を落として、数本みじん切り
キャベツ シュウマイの下に敷く 適宜




調味料
醤油 小さじ1
酒 小さじ1
塩 コショウ 適宜
おろしショウガ 少々
お好みで味の素 少々
片栗粉 適宜

からし醤油でどうぞ



作り方
玉ねぎ、しいたけの軸はごく細かいみじん切りにして、片栗粉を大さじ1ほど
まぶしてしばらく置いておく


豚ひき肉と玉ねぎ、しいたけの軸を合わせて、調味料を加えてこね、冷蔵庫で
30分程馴染ませる


しいたけの裏に茶こしで片栗粉をまぶし、肉だねを丸く乗せて軽く押さえる


皿に1㎝ほどにカットしたキャベツを乗せ、その上にしいたけシューマイを
乗せ、蒸し器10分程蒸す


器に移し、からし醤油、またはからし酢醤油でいただく





カンタン♪ しかも食べ応えがあるし、しいたけの風味が美味しい一品に。
しいたけなんて久しぶりに買ったけど(普段は干しシイタケをよく使う)なか
なか美味しいなぁ。体にもよさそうだし。残ったしいたけは冷凍しました。









にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.18

しっかりみっちり大きなカリフラワーを買ったので いろいろチャレンジ



     カリフラワーのポテサラ風




カリフラワーのポテサラ風




しっかり丸ごとのカリフラワー。
一人暮らしじゃ残しそう。
なので、手を変え品を変え、いろいろと作ってみた。


作り方はいたってポテサラと一緒。
しっかり柔らかく茹でたカリフワラーに、各種具材とマヨ、からしなどを混ぜて
作るだけ。でもなかなか美味しいんだなぁ。




材料
カリフラワー みっちり大き目なら3分の1房 小房にカットしておく
ハム 2枚 四角目にカット
キュウリ 2分の1本 薄くスライスして塩をして水で流し絞る
たまご 1個 カリフラワーと一緒に茹でる



調味料
マヨネーズ 大さじ4-5 好きなだけ
からし 少々
塩コショウ 適宜



作り方
あんまりにもポテサラと一緒で笑っちゃうぐらい


水に塩、お酢を少々加えてたまごを茹で、お湯が沸騰したらカリフラワーを加え
15分ほど茹でる


その間にキュウリ、ハムなどをカットしておく


カリフラワーが茹で上がったら、暑いうちにポテトマッシャーで潰し、たまごは
すこし冷やしてから大き目に手でカットする


全ての材料を混ぜあわせ、味をみてお好みの味付けに。
しっかり冷蔵庫で冷やした方が美味しい。



笑っちゃうでしょ。ほぼ作り方はポテサラ。
味わいはポテサラより軽い感じ。
カリフラワーが残ったら、ぜひ試してみてね。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.17

先日頂いたイノシシ肉で



       ジビエなチャーシュー




ジビエチャーシュー




料理系YouTubeをつらつらの観るのがが好きなので、たまたまヒットしたカンタン
そうなチャーシュー。
料理研究家リュウジのバズレシピ からのインスパイヤ作品。


リュウジさんはいつもお酒を飲みながらお料理作ってるみたい。
時間が経つうちに、だんだんと呂律が怪しくなり、出来上がった時には彼も
相当に出来上がっているみたい。
でもなんだか、憎めないキャラクター。


ちょうど頂いて解体して、冷凍保存してあったジビエなバラ肉があったので、
リュウジさんのレシピでチャーシューをつくってみることにした。
だって、カンタンなんだもん。
今回はジビエ肉を使うけど、普通の豚バラかたまりでおっけー。




材料
イノシシバラかたまり肉 500g
ネギの青い部分 適量
ショウガ 適量



調味料
醤油 75㏄
料理酒 25㏄
みりん 25㏄
ニンニク 1片 すりおろす
お好みで味の素 少々







作り方
鍋にバラ肉と水がひたひたになる程度入れ、ネギとショウガも加え火をつける


沸騰したらアクをすくい、弱火から中火で1時間半煮る


途中ゆで汁が減ってきたら適宜水を足す


1時間半経ったらお湯を捨て、ジップロックに醤油、煮切った酒とみりん、おろし
ニンニクを加えて、空気を抜きながらしっかりとジップを止める


早くて一時間放置、もっと長くても。
食べるときにちらりとレンチンしてからしを添えればなお美味しい。



ネギとショウガ、それとつけ汁のニンニクが効いたのか、まったくジビエ臭が
無く、逆にジビエの旨味が出てとっても美味しい。
ラーメンの具にしても、白髪ねぎとあえても美味しいと思う。
ジビエ肉はまだ残っているので、次のレシピも考えてみよう。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.16

ときどきめっちゃ食べたくなる あんまりメジャーじゃないゲーンけど



ゲーンソム・プラー 白身魚のゲーンソム
 
            แกงส้มปลา



ゲーンソムプラー




ゲーンはいわゆる汁物の総称で、日本でグリーンカレーとかマッサマンカレー
とか言われているものもタイ語ではゲーン。
このタマリンドを使ったゲーンソムは酸っぱくて辛くて、爽やかなゲーン。
ココナツミルクが入らないゲーンで、具材には主に魚介類を使う。


以前もアップしたことがあるんだけど、どうしてもまた食べたくなっちゃったので、
具材をちらっと変更してみた。



材料
タラなどの白身魚 2切れ 1切れを2つほどにカット
カリフラワー 4分の1株を一口大にカット
インゲン 5-6本 3分の1ほどにカット
ヤングコーン 5本ほど 斜め2分の1にスライス
ニンジン 4分の1本 薄くスライス
キャベツ 8分の1カット 3-4㎝の四角型にカット
パクチー 適宜









調味料
loboゲーンソムの素 1パック 50g
水 500㏄
タマリンドペースト 大さじ3
ヤシ砂糖 大さじ1
ナンプラー 大さじ1~
鶏がらスープの素 大さじ1
お好みで味の素 少々



作り方
タラには軽く塩を振って10分ほど置き、出た水分をキッチンペーパーなど
でふき取っておく


水500㏄を鍋で沸かし、ゲーンソムペーストを溶かしいれる


鶏がらスープの素を加え、キャベツを除いた野菜類をしばらく煮る


野菜を煮ている途中に、カットしたタラとキャベツを加え更に煮る


タマリンドペースト、ヤシ砂糖、ナンプラーで味を調え、お好みで味の素を加える


タラに火が通ったら器に盛り付け、パクチーを添える




コクのある、酸っぱくて塩っぱいゲーンソムが出来上がった。
とても味わい深くて、日本ではあまり食べられないゲーンだけど、ワタシは時々
このお味を猛烈に食べたくなる。
雪も解け始めたこの頃、早く春が来ないかなと思いつつ、酸っぱいゲーンで気分も
リフレッシュした。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.16

なぜか最近パスタづいているみたい



    アンチョビと春キャベツのパスタ




のパスタ春キャベツとアンチョビ




以前、何かのお料理に使おうとアンチョビの缶を買ってあった。
その後、特に使うことなく数か月。
その存在すら忘れていたところ、近頃パスタづいているので、そういえばアンチョビ
あったっけな~と探すとすぐあった。



アンチョビって実は使ったことがない。
塩辛いイワシのオイル漬け、ってだけのイメージ。
でも、きっとワタシには美味しいというイメージが脳裏に焼き付いていたので、
見つけたアンチョビとちょうど入手してあった春キャベツとのパスタにすることに。



材料
パスタ 100g たっぷりのお湯を沸かし、大さじ1程度の塩を加えて、茹でる
アンチョビ 10g前後 細かくカット
春キャベツ 8分の1個ほどをカットするか適度に千切る
玉ねぎ 8分の1個ほどを薄くスライス うまみが増す
オリーブオイル 大さじ1-2
アンチョビ缶のオイル 適宜
ニンニク 1片 包丁で潰してから細かいみじん切りに
鷹の爪 1本 種を取り除いて粗く砕く
塩 味見してみてたりないようなら適宜足す
コショウ 少々
パルメザンチーズ 好きなだけ



作り方
パスタを茹で始めたら、別のお鍋にオリーブオイル、アンチョビ缶のオイルを
適宜加えてニンニク、鷹の爪を加え弱火に掛ける


ニンニクの香りが立ってきたら、アンチョビ、玉ねぎスライスを加えて炒める


火が通ったらいったん火を止め、パスタのゆで汁を大さじ3-5程度加える


パスタが茹で上がる前に、芯を除いて適度にカットしたキャベツを加え火を通す


パスタが茹で上がったら、春キャベツごとザルに取り、別鍋のオイル類を再び
火に掛け、パスタと春キャベツを加えて混ぜ合わせる


この時塩加減をみて、たりないようなら塩を足し、軽くコショウを振り器に盛る


お皿に移し、パルメザンチーズ粉を掛けて頂く



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スカーリアさんのアンチョビ フィレ 80g スカーリア
価格:518円(税込、送料別) (2021/3/15時点)





アンチョビってこんなに奥深いコクがあったんだ。
塩気だけじゃない、お魚を油に漬けてあるので、その油もなかなか香ばしい。
新鮮な春キャベツのシャキシャキ感、アンチョビのコクの取り合わせが素晴らし
かった。もっと食べたいぐらに美味しかった。
もうちょっとアンチョビを足してもよかったかな。
次回はそうしてみよう。
ますはとっても美味しかった!!






にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.14

ニホンジンが大好きな味だと思う


    プラームック・パット・ポンカリー

       イカのカレー炒め ปลาหมึกผัดผงกะหรี่



ポンカリープラームックパット




プーパッポンカリー(カニのカレー卵炒め)が有名だけど、エビやイカでも
とても美味しい。
時々近所の市場的スーパーにワタリガニが売っていることがあって、ちょっと
悩むんだけど、どうしても手が出ない。
一度さばいたらものすごく生臭くて、参っちゃったからかな。


それ以来、パットポンカリーと言えばイカかエビで作っている。
そんなに頻繁には作らないけど、時々行く大型スーパーにツボ抜きイカと言って
内臓もゲソも抜いてあるイカがお安く売っていて、その時にはちょっと燃える。


エビも好きだけど、イカはめっちゃ好き。
イカ刺しなんてたまらないし、自分でイカを一杯買った時には、ゲソと内臓は
アルミホイルで焼いて、胴体はほかのお料理と、分けて楽しんでいる。


とにかく今回はプラームック・パット・ポンカリー。
材料は揃ってるよ!




材料
イカ 2杯 縦1.5㎝ほどに輪切り
セロリ 半本 葉は少し細かめにカット、下の部分は筋を取って薄く斜めにスライス
万能ねぎ 3本ほど 5㎝ほどにカット
たまご 2個
生唐辛子 1本
玉ねぎ 2分の1個 半分にカットしてから6分の一ほどにカット
ニンニク 2片 包丁の腹で潰してからみじん切り




調味料
シーイウカオ 大さじ1 無ければ醤油で
オイスターソース 大さじ2
ナンプラー 大さじ2分の1
カレー粉 大さじ2
ナムプリックパオ 大さじ1
チリオイル(ナムマンプリックパオ) 大さじ2
牛乳 200㏄ ココナツミルクでもまた違った味わいに
鶏がらスープの素 小さじ1
サラダオイル 大さじ2
コショウ 少々




ナムプリックパオとは焼いた唐辛子にホムデン(タイの小粒赤玉ねぎ)、ニンニク、
砂糖などのものを混ぜ合わせて作ったペースト。時々登場するけど、これが一瓶
あれば、炒め物などの味付けに重宝。そんなに辛くない。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チリインオイル 454g ナムプリックパオ メープロイ
価格:480円(税込、送料別) (2021/3/6時点)




作り方
イカと野菜類はそれぞれカットしておく


ボウルに牛乳、たまご、カレーパウダーの半分、チリインオイル、砂糖、
コショウを混ぜ合わせておく


別のボウルに他の調味料をすべて混ぜ合わせておく


フライパンに油の入れ、まだ冷たいうちからニンニクのみじん切りと赤唐辛子
を加え、香りが出たところですぐに玉ねぎを加え軽く炒める


すぐにイカを加え、残りのカレー粉と調味料を加え混ぜ合わせる


イカに火が通ったら、たまご液と調味料をすべて加え、セロリ、万能ねぎ
も加えてたまごが半熟状態になるまでざっと混ぜながら火を通す


たまごに火が通りすぎない程度で火を止め、出来上がりにセロリの葉を散らす








レシピによって、牛乳だったりエバミルク(最近見ないけど)だったり、ココナツミルク
だったり。似ているようで、お店に寄ってかなりレシピが違うと思われる。
過去、バンコクの有名店で食べた時には、ココナッツミルクの味はしなかった気がする。
んで、今回は牛乳を使用してみた。


今回の感想は、思いのほか甘かったということ。
多分原因はナムプリックパオの量だと思われる。
辛そうに見えて、甘みも強いナムプリックパオ。
その分量さえつかんでしまえば、もうちょっと甘みが抑えられたかも。
でも、ご飯にピッタリの味付けで、これはこれで良しとしよう。





にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.13

お友達に、話題の高級生食パンを頂いた



      乃が美」の高級生食パン




乃が美の生食パン

ちょっと食べ掛け・・・



かなり前から噂には聞いていた高級生食パン。
近くに店舗がないので、おいしいんだろうなぁと思いつつ、いつたべられるんだろう
と思っていたら、お友達がわざわざ買いに行ってくれた。
感謝感激雨あられ。
思いっきり高級感を醸し出している紙袋にうやうやしく入っている高級食パン。
ずっしりと重い存在感がある。
昨日は帰宅が遅かったので、今朝楽しみに食べてみた。


二日目以降から差が出ます、とリーフレットに書いてあったので、初めて
食べたのが二日目だったから、どんな差があるのかは分からなかったけど、
めっちゃしっとりとしていて、みっちりした感じ。
とっても美味しい!!



普段は安い食パンを食べているからか、食パンなんてどれもこれもそう変わ
らないだろうと思っていたところへの衝撃。
三日目の朝も厚切りにして、生で頂く。
なんだかよくわからないけど、やっぱり美味しい!!
友人によると、食べきれない分は冷凍すると、解凍しても美味しいとの
ことだったので、残りは一回分づつラップにくるんで冷凍してみた。




 ほかのお店のも気になる



このトシになっても、まだ知らないことって沢山あるなぁ。ッと思いながら、
明日の朝は冷蔵庫で解凍しておいたのをいただいてみることに。


わざわざ足を運んでくれたお友達には感謝感謝!!








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.12

スーパーで新鮮なアサリを見つけて



         ボンゴレビアンコ




ボンゴレビアンコ





ボンゴレビアンコと言っても、具材がアサリなだけで作り方はほぼペペロンチーノ
と変わらない。
アサリというか貝類は全般的に好きなので、お安く手に入るときには買っておく。
物によっては砂をはかせてから冷凍したりもする。
とにかく貝好き。


どうせいつも一人の食卓なので、ちょっとぐらい調理に手間取っても構いやしない。
食べたいものを食べたいだけ、それ風に料理して食べては満足している。
だけど、時々は自分以外のひとが作ってくれるお料理が食べたいのは本音。
そんな時には一人でも居酒屋さんに行っちゃうし。


てなことで、今日は一人ボンゴレビアンコ。



材料
パスタ 100g たっぷりのお湯を沸かし、塩を大さじ1弱入れて指定時間より
      1分短く茹でる
アサリ 6-8粒 タッパ―などに入れて塩水を作り、1-2日冷蔵庫に入れて
       砂をはかせる
ニンニク 1片 みじん切り
鷹の爪 1本
玉ねぎ 8分の1個ほどをスライス
しめじ 軽くひと掴み
オリーブオイル 大さじ3
白ワイン 大さじ3
塩 適宜
コショウ 少々
乾燥パセリ 少々







作り方
パスタを茹で始める


別の鍋にオリーブオイル大さじ2を入れ、冷たいうちからニンニクと鷹の爪を
加え、火をつける


ニンニクの香りが出てきたら、玉ねぎ、しめじを加えて軽く炒め、殻をキレイ
に洗ったアサリを加えてざっと混ぜ、白ワインを加えてアサリの殻が開くま
で蓋をして火を通す


アサリの口が開いたら、パスタのゆで汁を大さじ3-5程加えて混ぜ、火を
止める


パスタが茹で上がったらざるに取り、アサリの入った鍋を火に掛けてパスタ
を加えてよく混ぜ合わせ、オリーブオイル大さじ1を加え、塩味が足りないよう
ならここで足し、軽くコショウを加え味を調える


出来上がりに乾燥パセリを振る




牡蠣もすきだけど、アサリのいいお出汁してる!
ほぼ初めて作ったような気がするけど、気軽にできて美味しくて上出来。
さてさて、次はどの貝さんをいただこうかしら・・・・







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.10

新鮮なお刺身用アルゼンチンエビを購入



   久しぶりのクン・チェー・ナンプラー 

           กุ้งแช่น้ำปลา




クンチェーナンプラー




さすがにおなかが一杯になるお料理じゃないけど、おつまみに時々めちゃ
食べたくなる、クン・チェ・ーナンプラー。
クン(エビ)チェー(浸ける)ナンプラーの意味。
お刺身用の新鮮なエビが手に入ったら、次回は作ろう!と考えていた。


案外カンタンで、ヤムのようにある程度同じ調味料を合わせたものを開いた
エビに掛ける。でも、タイでは何故か付け合わせにゴーヤが欠かせない。
夏以外はゴーヤはいいお値段がするので、さすがにそれは諦めて、タイ風
エビのお刺身を満喫しようじゃありませんか。



材料
お刺身用アルゼンチンエビ 6-8尾 有頭のまま背開きにし、背ワタをとっておく
リーフレタス 少々
パクチー 3本 2㎝ほどにカット
ゴーヤ あれば 縦半分にカットしてワタを抜き、半月切に
ミニトマト 数個 半分にカット


調味料
ニンニク 1片 細かいみじん切り
生赤か青唐辛子 1本 細かいみじん切り
ヤシ砂糖 大さじ2
ナンプラー 大さじ2
ライム汁 あればマナオ汁 大さじ2
お好みで味の素 少々








作り方
頭と尾を残して背開きにした赤エビを、お皿に放射状に並べ、あれば間にゴーヤ
やキュウリ、半分にカットしたミニトマトを並べる


混ぜ合わせた調味料類を上から掛け、パクチーを盛り付ける





久しぶりのクン・チェー・ナンプラー。
エビの甘みとナムチムの辛さがベストマッチ。
今回は4尾入り1パックしか発見できなかったけど、次には2倍ぐらいは
食べたいな。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.07

時々食べたくなるおつまみ 以前とちょいとだけ調味料を変えて



カノムパン・ナーグン エビの揚げトースト

           ขนมปังหน้ากุ้ง



カノムパンナーグン




材料
むきエビ 100g 今回はバナメイエビ エビの割合が多いほうが美味しい
豚ひき肉 50g
食パン  薄切りパンを4等分にカット 耳を落とす 2枚分ほど
玉ネギ  8分の1個ほどを細かいみじん切りに
塩 コショウ 適宜
ニンニク  ごく細かいみじん切り 1片
パクチーの根 1本 無ければパクチーの茎を1-2本程度をみじん切り
たまご 1個の2分の1
ナンプラー 小さじ2分の1
シーイウカオ 小さじ2分の1 無ければ醤油で代用可
オイスターソース 小さじ2分の1
片栗粉 大さじ1



飾り用
パクチーの葉  数枚
パプリカまたは赤唐辛子 細切り


ナムチムは市販のスイートチリソース。
下味が濃ければ、そのままでもOK。



作り方
エビの殻を剥き、背中に切り目を入れて背ワタを取リ除き、少し粗目に刻む


豚肉(今回はバラ肉)も小さめにカットしてから、包丁で叩いてみじんに


パクチーの根、玉ねぎ、ニンニク、たまご、片栗粉を加え、調味料をすべて加え
て混ぜあわせる


4分の1にカットした薄目の食パンに具材をこんもり乗せ、上に細切りにした赤
唐辛子とパクチーの葉を飾り、油を温め低温から具材の方を下にして揚げる


ある程度具材の面が固まってきたら裏返し、裏側もこんがりするように揚げる




ナンプラーはこれ推奨



いやぁ~~本当に美味しくできあがった。
あっという間にたべちゃった。
おつまみのはずなのに・・・・
また作ろうっと。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.05

きょうは今年になって一番暖かかった日 そんな日には食べたくなる



     ポピア・ソット 生春巻き

           ปอะเปึ้ยะสด



ポピアソット2



春めいてきたきょう。
雪解けが進んで、道路はぐちゃぐちゃだけど、ほんのり温かいのが嬉しくて
何故か生春巻き日和だった。


素材はほとんど揃っていたので、足りない豚バラ肉だけを買いにスーパーへ。
いやぁ、ヒドイ道路だった。
水浸し。
水のない部分を選んで歩いてたのに、帰宅時には靴も濡れ濡れ。


明日はまた冷えるらいしけど、春らしい気分は満喫できたので、よしとしよう。


そんなわけで、具沢山の生春巻き。




材料
ライスペーパー 5枚
エビ バナメイエビを1本に付き3尾 皮をむいて背ワタを取って茹でて置く
豚バラ肉 50g 2㎝ほどの細切りにして茹でて置く
レタスまたはサニーレタス 2枚ほど 細切り
キュウリ 2分の1本 斜めスライスにしてから細切りに
ニラ 3本ほど 春巻きの長さにカット
もやし 半袋 茹でて水分を絞っておく
ビーフン 少々 茹でて水にさらして冷ます
スイートチリソース 適宜








作り方
素材それぞれの下準備をして冷まして置き、ライスペーパーのしたに水に浸した
キッチンペーパーを敷き、水で戻したライスペーパーを置き(すぐ戻るので注意)
下の方にえびを除く各具材を横に広げ、キッチリ巻きはじめ、すぐにエビを方向
を合わせて乗せ、クルリと巻く。


巻いたあとはライスぺーパー同士がくっつきやすいので、少し離しておく
食べるときは好きな大きさにカットして


十字に切り目を入れたキュウリを薄くスライスし、スイートチリソースに浮かせ、
そのナムチムで頂く




サラダ巻きのような食感なので、ヘルシーな気がするけど、結構お腹が一杯に
なる。ライスペーパーもビーフンも元はお米なので、食べ応えがあるのかな。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.05

新鮮でまっすグ育ったキュウリを入手のため



 オイソベギ キュウリの射込み一口キムチ




オイキムチ風2




韓国料理は久しぶりかも。
あまりにも素直にまっすぐに育ったキュウリを購入したので、一本はすぐ使う
として、残りをお漬物か何かに使用かな、と考えていた。
最近ネットでちらほら観ていたコウケンテツさんのキュウリのキムチにインスパイヤ
され、だけどなんか中身が違ってたみたいな、お漬物漬けてをみた。



材料
キュウリ 2本 4㎝ほどに縦カットして、縦に十字に切れ目を入れる
玉ねぎ 4分の1個 みじん切り
ニラ 2本 2㎝程度にカット



調味料 
一味唐辛子(韓国唐辛子がないため) 小さじ1
ナンプラー 大さじ1 韓国ではカナリソース?らしい同じ魚醤
からし明太子 1腹 皮から外してほぐす
蜂蜜 大さじ1








作り方
キュウリは4㎝ほどにカットして、下1㎝ほどを残して十字に切れ目を入れる


お湯を沸かし、塩大さじ1を加えて溶かし、カットしたキュウリに掛け、20分程
漬けて置く


玉ねぎとニラをカットし、一味唐辛子、ナンプラー、からし明太子、蜂蜜、お好みで
味の素を加え、混ぜ合わせる


キュウリの塩水を捨て、約一時間程水切りをして、キッチンペーパーで水分
をふき取る


十字の切れ目に混ぜ合わせた具材を挟んでキュウリの外側にもまぶし、
タッパ―に入れる


残った具材や汁は上から掛け、タッパ―を冷蔵保存する


約一日経ったら様子を見て、水分が上がってきたようなら更に混ぜ、保存


一日目から食べられるけど、発酵するので一週間程度は保存可能



漬けてすぐ試しに食べてみたところ、まだ味が馴染んでいないというか、
塩辛さだけが際立っていたけど、漬けて3日目には発酵が進んだのか
味にまろみが出てきて、とても美味しくなった。
おつまみのようにポリポリ食べられて、キュウリの安売りの時にはありです、
これ。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.03

バンコクの路上でよく見かける、豚肉の串焼き



           ムーピン

             หมูปิ้ง



ムーピン屋台




バンコクなら、どこの屋台街にも、炭火がもうもうと煙を上げて焼いているのが
タイの串焼き。主に持ち帰りで、出来上がって積みあがっている串のなかから
好みの串を選んで、自分で炭火の上に上げて温め、付け合わせの野菜や唐辛子
などをビニール袋に入れてもらって持ち帰る。



バイクタクシーのお兄ちゃん達がたむろっている地域なら、ビニール袋に入れて
保温してあるもち米と、その屋台特殊のナムチム(タレ)があり、お兄ちゃん達は
串を頬張りながら、付け合わせの野菜やもち米(カオニャオ)をナムチムに漬けて
次のお客を待っていたりする。



串焼きはとても種類が多く、お店によって鶏、豚、内臓肉、ネームなど様々。
ワタシは以前泊まっていたエリアのソイ(小路)にいつも夕方から屋台が出て
いたので、その時に食べたい串を選んで炭火の網の上にのせて温め、温めて
いる間に付け合わせで置いてあるキャベツなどにナムチムを付けて食べては
待っていた。



ムーピン





やっぱり日本の焼き鳥と同じく、炭火で焼くのとガス火で焼くのとは全く味わい
が変わるので、自宅で作ってみようとは思ったことがなかった。
今回は豚ローススライスがお安く手に入ったので、試してみることに。


かなり、タイで大量に作るものとは違い、はしょっている調味料はあるけど、
少量ならこれでしょうがないよね、的なレシピでごめんなさい。




材料
豚ローススライス 今回は6枚 串に刺すので、3分の1程度にカットする
パクチーの根 1-2本 石臼で粉砕するか、みじん切り 無ければ茎でも
ニンニク 1片 石臼で潰すかみじん切り
白コショウ 小さじ2分の1 石臼で潰す 無ければパウダーでも可
シーイウカオ 大さじ2分の1 無ければ醤油でも可
ヤシ砂糖 小さじ1
竹串 6本 豚肉を刺す前に水に漬けて置く



作り方
下味用の材料をすべて混ぜ合わせ、半日から1晩豚肉をタレに漬けて置く


水に漬けて置いた竹串に刺す


出来れば炭火、無理ならグリル、それも無理ならフライパンで両面に焼き目
が付くまで焼く



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GABAN ホワイトペッパーホール 粒白胡椒 /25g ギャバン 25g
価格:298円(税込、送料別) (2021/3/3時点)






下味に漬けて置いたコショウが効いて、とても美味しく焼きあがった。
炭火焼と違うのは仕方がないけど、そこそこ美味しく出来上がった。
こんなにカンタンなら、ほかのお肉でもやってみようかな。






にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
03.01

かなり以前に超苦労して、ホーモック・タレーを作ったけど、今回は



    ホーモック・プラー タイのココナツ茶わん蒸し風

           ห่อหมกปลา



ホーモック自分の画像

市場のホーモック



1モーホックタレー




タイでは器にバナナの葉を使って、屋台市場などには一般的に売られている
ホーモック。日本ではまだ見たことがない。
あるお店にはあるらしいけど、アルミフォイルで器をつっくっているみたい。
バナナの葉はタイではお安く使いやすいものだけど、それが日本でとなると、
結構いいお値段がするのだ。
かなり前の日本では、プラスチック容器がまだ普通ではない頃、木を薄くカット
したものが、お肉屋さんやお魚屋さんで普通だった。
それと同じく、現在ではビニールやプラスチック容器が多くなったタイでも、
バナナの葉は生活に密着したところにある。


前回、結構前だけど、ホーモックを作るにあたって大変苦労した。
まだタイ料理に今ほど詳しくなかったし、もうちょっと頭を使えばよかったのに
と思えるほど、面倒なことをやっていた。



今回は、バナナの葉の器はなくても、どうにか作れそうと思い再チャレンジ。



ワタシの知らないラムカンという容器があった。
要するに、日本で茶碗蒸しを作の器るような、高温に掛けても割れない陶器
などの耐熱容器。
その時ひらめいた。
持っていたのだ。ちょっと食器に凝っていた頃に、ファイヤーキングのミルクガラス
の耐熱容器があったことを。
バナナの葉が無くても、これで困らない。
ウチのお鍋では2個しか作れないけど。


それに、以前はキャベツを使っていた底に敷く野菜には、バイホーラパー
というハーブを使うんだけど、冷凍庫に唸るほど眠っているじゃないの。
本来、グリーンカレーとかに加えるハーブなんだけど、沢山あるのでこれを
使わない手はない。




これがあれば器に



材料  今回はラムカン2個分
タラなどの白身魚 100-150g 骨と皮を除いておく
レッドカレーペースト 大さじ1
ヤシ砂糖 大さじ1
たまご 1個
ココナツミルク 100ccを具材に混ぜる
バイホーラパー 適宜 ラムカンの底に敷く キャベツや白菜で代用可
バイマクルー 飾り用に1枚 具材にも入れる用2枚ほど
ナンプラー 大さじ1
赤唐辛子 1本 飾り用に細くスライス
ファカティ(ココナツミルクの固まってる部分) 蒸し上がる直前に50㏄掛ける




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メープロイ レッドカレーペースト タイ産 50g
価格:140円(税込、送料別) (2021/2/26時点)


一袋あれば何かと使える



作り方
熱で割れない容器の底に、バイホーラパーを敷く


一口大にカットして軽くレンジに掛けたタラを2個づつ、バイホラパーの上に乗せ、
残りのタラはレンチンの時にでた出汁ごとほくして冷ましておく


レッドカレーペースト、たまご、ヤシ砂糖、ナンプラーをよく混ぜココナツミルクと
バイマクルーをみじん切りにしたものとほぐしておいたタラを、フードプロセッサー
かミルミキサーでなめらかになるように攪拌する


器に均等に盛り、鍋にお湯を沸かして蒸せる状態になったところに入れ、15分
ほど蒸し、ファカティを上に掛け、さらに少々蒸す


蒸し上がったら、上にカットした赤唐辛子と細切りにしたバイマクルーを飾る




今回はちょっとファカティが流れちゃった程度で、かなり上手に美味しく作れた。
以前、レンチンで苦労していたのがウソのよう。
これで、一応納得作かな。
おいしかった~~。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line
プロフィール

jiab

Author:jiab
ぐーたらながらどうにか一人暮らし。何気に軽いダイエットをしながらの筋肉製作中。世の中に恥ずかしいぐらいやる気が足りないブログかも。どーもスミマセン。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも一覧
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top