FC2ブログ
line-s
04.30

きょうはお友達の美容室に行った帰り、つい寄ってしまったサイゼリアで




     チーズたっぷりミラノ風ドリア




katemita-2019-10-20-saizeriya-doria-with-meat-sauce-cheese-03-logo.jpg




ワタシはチーズが大好き。
なので、グラタンなどが大好きなのは当たり前だけど、パスタにもパルメザン
チーズをてんこ盛りふり掛ける。



とても久しぶりのサイゼリア。
この地域のサイゼリアができてから、はす向かいにあったロイヤルホストが
閉店してしまうほどの価格帯のメニューを誇っている。



ほとんど行ったことはないんだけど、そのメニューのお安さにいつも驚いて
いた。ランチ500円でそこそこの内容。まだ食べたことはないけど、辛味
チキンってのが美味しいらしい。一度食べてみたい。
だけど、ファミレスでお酒をたしなむ趣味がないので、ついついおつまみ
的なものは敬遠しがち。
赤ワインとエスカルゴ、生ハムにガーリックトーストなどで昼間っからいい
気分になってもいいんだけど、どうもお昼からお酒を頂くのがためらわれる
タイプ。夜になればそんなタガはすっかり外れるんだけどね。



てなことで、久しぶりのサイゼリアで、チーズたっぷりミラノ風ドリアを頂いた。
いやぁ~、本気にたっぷりのチーズでアツアツで美味しかった。
しかも400円。
お友達の美容院に行った帰りで、ご飯作りたくなかったのでつい入ったサイゼリア
だけど、十分満足できた。
また気が向いたら行ってみよう。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







スポンサーサイト



line-s
04.28

いつの間にか月例になっていた女子会を開催


  
   何となく月例の女子会開催




DSC_0970.jpg

お皿にみっちり盛られたお刺身盛りだって1500円 安っ



ここ数か月、いつもの居酒屋さんで仲良くなった女子4人で、女子会を開催して
いる。
いつものお店はメニューがなくて、おつまみだけなので、たらふく食べたいとき
には誰かが食べたいもののある別のお店で開催する。
今回は4回目で、3度目の同じお店。



とにかくお刺身が新鮮で大量。
一人で頼んで食べきれなくて後悔したこともある。
4人で巨大なサラダや焼き魚、お刺身盛りなど数品頼んで、90分飲み放題を
つけても3千円弱で落ち着くなんて、素敵なお店。
そんな中で今回の大ヒットはコレ。




DSC_1162.jpg




笹竹というのか姫竹というのか、根曲竹というのか、とにかくこの地方での
春の珍味。えぐみもなくとても美味しい細いタケノコ。
それに、フキ味噌をデイップで食べるんだけど、そのフキ味噌がなんとも滋味
深い味で美味しい。
それだけでお酒が飲めちゃうぐらい。
いやぁ~美味しかった。



このお店は多分100種類を超えるメニューがあるのと、旬のものが置いて
あるので、とてもうれしい。また行くよ~。






にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
04.21

これは初めての現象



ブログ内の記事が表示できなくなっている




記事は順調に書いているんだけど、表題、画像、その他が表記されても、
記事だけが抜けるトラブルに見舞われている。
それゆえに堂々とアップできない。


いつもと変わらず書いているのに、どうしてなんでしょう。
しばらく様子を見ましょうか・・・






にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
04.19

数日、新しい記事のアップができなそうです。
申し訳ありません。





にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
04.18

独特の風味がたまらないチャオムで


       カイ・チャオム・トート

       チャオム入り卵焼き  ไข่ชะอมทอด



174082093_3846704392031583_7130865469300200771_n.jpg






ワタシの大好きなサトー豆と同じような硫黄クサい、チャオム。
タイでは卵焼きに入れるのが一般的。
最初は何だこれ!的ニオイなんだけど、慣れるとくせになる芳香ともいえる。
先日作ったゲーンソムに加えるのが一般的。
まだあの時には手に入ってなかったので、ちょっと残念。
だけど、これだけで十分美味しいので、作ってみた。



材料
チャオム 1束 柔らかい葉の部分を摘む
たまご 2個
ナンプラー 小さじ1.5
お好みで味の素 少々




チャオム




作り方
たまごを割りほぐし、ナンプラーを加えてからチャオムの穂先を入れ、お好みで
味の素を振り、よく混ぜる


フライパンに少し多めのサラダオイルを温め、揚げ焼きするようにたまご液
を加え、両面焼く 以上



チャオムはワタシにとってはもの凄いいい香り。
さて、この香りを嫌と感じるか、好きと感じるかは個人次第。
私にとっては、天国の味なんだけどな。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 






続きを読む
line-s
04.16

何故か韓国料理が続きますが、とても新鮮な鹿肉を頂いたので



      ジビエ 鹿肉ユッケ




173701052_3842631052438917_1461168356409518859_n.jpg




ジビエ肉を送ってくださる猟師さんが、先月末に仕留めたという鹿肉。
一度冷凍はしてるけど、市販のお肉に比べるととっても新鮮。
鹿肉を猟師さんは、刺身、タタキにしてポン酢で食べるのが一番美味しいと
仰るので、届いた一日目には薄切りにしてポン酢と新タマネギで頂いてみた。



すごーい。
臭みもなにもなんにもかんじない。旨味だけ。
鹿肉って、以前も頂いたことがあって、さすがに生のままでは食べていなかった
けど、新鮮ゆえの生肉ジビエ料理。
国も、鹿肉の生食は禁じていなかったはず。だよね?



で、お刺身の後はやっぱりユッケにしていただきたかったので、ユッケのタレ
の味を調べて、ユッケにすることに。大量に頂いたので、半分はお友達にお裾
わけ。



まずは、鹿肉150gほどを細く粗みじんにカットする



ユッケのタレの材料
醤油 大さじ2分の1
コチュジャン 大さじ2分の1
ごま油 小さじ1
いりゴマ 小さじ1
おろしニンニク 1片分
卵黄 1個分


作り方
卵黄を除いた全ての調味料を混ぜ合わせ、カットした鹿肉と和える


大葉などを敷いた上に味付けした鹿肉を乗せ、上部にくぼみをつけて
卵黄をのせる



牛肉のユッケになかなかお目に掛かれなくなって久しぶりのユッケ。
非常に美味しくて、まだ残りの鹿肉は冷凍保存してあるので、ちまちまと
解凍しては頂こう。最高のジビエ肉なのだ。






にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
04.15

またまたコウ ケンテツさんのレシピより めっちゃ美味しい



    ポッサム 豚バラかたまり肉煮




172147427_3838118666223489_2369581963618484638_n.jpg




豚バラかたまり肉を茹でて、リーフレタスやサンチュ、エゴマの葉や大葉で包んで
食べるお料理。
巻物大好きなワタシとしては、無視して通ることはできなかったので、即チャレンジ。



材料
豚バラかたまり肉 500gほど
ニンニク 4片ほどを皮を剥いて潰す
ネギの青い部分 1本分
ショウガ 薄切りにして1㎝分ほど
リーフレタスかサンチュ 10枚ほど
あればエゴマの葉か、大葉 10枚ほど
キムチ 適量
酒 50㏄
塩 適宜



一緒に巻くタレ サムジャン
味噌 大さじ1
コチュジャン 小さじ1.5
お酢 小さじ1
ごま油 小さじ1
砂糖 小さじ1
ネギのみじん切り 大さじ1
いりごま 小さじ1
上記すべてを混ぜ合わせ、辛味が足りないようならコチュジャンを足す



作り方
豚バラかたまり肉の両面にフォークで穴を開け、味を染み込みやすくして、
全面に塩を絡め、刷り込んでしばらくおく


鍋に豚バラかたまり肉とネギの青い部分、潰したニンニクとショウガを加え、
酒を加えた後、ひたひたになる程度水を入れ火に掛ける


沸騰しアクが浮いてきたら取り除き、弱火にして上にキッチンペーパーで
蓋をするようにして、30分程度茹でる


茹で上がったらペーパーごと取り出し、少し冷めるまで置く


豚バラかたまり肉を茹でている間に、各調味料を混ぜてサムジャンを作っておく


すこし肉が冷めたら薄く切り分け、サンチュまたはリーフレタス、エゴマの葉や
大葉、キムチ、サムジャンを一緒に皿に盛る


葉物の上にサムジャンとキムチ、豚肉を乗せて巻き巻きしながらいただく



何かを巻いたものって、いろんな味が合わさっていて、いつも思うんだけどとても
美味しい。どの味もがそれぞれの味を引き立てつつ、交わりあい、美味しさの
ハーモニーを奏でる。
初めて作ったけど、リピ決定!





にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
04.10

舌を噛みそうな「行者ニンニク水餃子」 これがおいしいの



      行者ニンニク水餃子




行者ニンニク水餃子




行者ニンニクが八百屋に並び始めると、あぁ春なんだなあとしみじみ思う。
多分、市販されているものは路地物ではなくて栽培ものなんだろうけど、
その香りはやはり、ニンニクを上回る香ばしさ。
他の野菜を入れないで、余計な味つけもせず、旬の行者ニンニクだけで
餃子をつくってみよう。



材料
行者ニンニク 1把 5㎜のみじん切り
豚ひき肉 150g
餃子の皮 20枚
塩 適宜
コショウ 適宜
酒 少々
醤油 少々



タレ
醤油、お酢、ラー油をお好みの味に合わせる



作り方
行者ニンニクを刻み、豚ひき肉と合わせ調味料を加えて混ぜ、こねて皮に
包む


鍋にお湯を沸かし、包んだ餃子に火が通るまで、5分ほど茹でる


お湯を切って皿に盛って出来上がり



栽培ものなのか、自然のもののようなもの凄いニンニク臭はしないけど、茹で餃子
にしてみると、とても美味しかった。
ニラより、ずっと香り高い。
今シーズンまた違った料理法で食べてみたいな。






にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
04.10

このトシになって、初めてって目新しいしよくわかんないけど



      初めての職種の派遣




4191336_s.jpg





初めての職種に、派遣で取り組んでいる。
周囲はは春休みだけの短期バイトの学生さんが多く、そんなかで超覚えが悪い
ワタシが取り組んでいるという訳。


去年、骨折しまくりで体力に自信がなかったので、今持っている資格での仕事
じゃなく、座ったまま働ける環境を求めてみた。


いやぁ~、子供のころからPCを駆使している若い子にはかなわない。
こちとら、PC歴は長くても、全て自己流、正しい教育なんて受けたことがない。


ワタシ以外、もの凄く使える人材に見える。
ってこた、ワタシは使えない人材って訳で。
みっちり8時間で二日間に及んだ研修も、訳判からーず。
本当に、年齢を感じたのであった。


どうにかそこそこ研修中にやれるようになったのは、その日についてくれた先輩の
おかげ。
彼はとても好青年で、お行儀がよく、人が良く、好きになっちゃうぐらいいい人だ。
ほめて伸ばすタイプのようで、うっかりいい気になってしまった。


短期の派遣なので、今月中に終わってしまったら残念だけど、とてもやる気を引き
出してくれる先輩に感謝感激している。


せっかく覚えたことなど、今月で終わってしまったら悲しいかも。
延長があったら嬉しいな。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 






line-s
04.07

常にお酒を飲みながらお料理しているリュウジさんのレシピのアレンジ



めっちゃシンプルなのに美味しいコールスロー




リュウジお兄さんのこーるすろ




あまりに気に入って、3日連続で作ってしまったコールスロー。
大き目の春キャベツを入手したので、消費の意味もあるけど、マジ美味しい。
youtubeでは、リュウジさんはいつもロレツが回らない感じにお酒を飲みながら
料理してるけど、キチンと料理が美味しいのは素晴らしい。
今回は彼のレシピをちょっとアレンジして、お気に入りになったコールスローを。



材料
春キャベツ 2分の1程度を細切り
ニンジン 薄切りにし手細切り 適宜
ニンニク 2分の1片をすり下ろす
リュウジさんのレシピではホールコーンを使っているけど、シンプルなコールスロー
にして食べたかったので、パス



調味料
マヨネーズ 大さじ3~
塩 適宜
砂糖 少々
黒コショウ 少々
レモン汁 小さじ1



作り方
キャベツとニンジンを細切りにしてザルに入れ、塩少々をまぶして15分ほどおく


キャベツとニンジンの水分を絞り、ボウルに入れる


マヨネーズ、おろしニンニク、砂糖、黒コショウを加え、混ぜ合わせる これだけ




これが、なんかとても美味しい。
いろんな美味しいサラダはあっても、これは外せない感じ。
コールスローと言えばケンタッキーなんだけど、ちょっと違う感じ。
ニンニクが入っているので、お酒にも合う。
とにかく作るのがカンタンで、美味しいんだよね。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
04.05

日本では珍しい アヒルの塩たまごを使って


       塩たまごとイカの炒め物



          ผัดไข่เค็มและปลาหมึก




イカと塩たまごの炒め物





日本では珍しい塩たまご。
要は塩にしばらく漬けて置いて、塩味が濃くなっているゆでたまごなんだけど、
ここしばらくタイではブームみたいで、塩たまご味のポテトチップスが人気なぐらい。



今回はこの塩たまごの卵の黄身とイカを炒める、最近のタイではポピュラーな
お料理。



材料
ツボ抜きイカ 2杯 1㎝程度に筒状にカット
塩たまごの黄身 2個分 殻ごと半分に切って取り出す
玉ねぎ 8分の1個 1㎝の角切り
万能ねぎ 適宜 3-5㎝にカット
生唐辛子 1本 斜めスライス
パプリカ 8分の1個 2分の1にしてカット
セロリの葉 適宜 なくても
ニンニク 1片をみじん切り




調味料
グラニュー糖 小さじ1
ナンプラー 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
ナンプリックパオ 大さじ1
鶏がらスープ 小さじ1
水 大さじ2


作り方
イカは1㎝幅に筒切りにする


塩たまごの黄身を水で溶き、調味料をすべて加えてなめらかになるまで
混ぜておく


フライパンに油を入れ冷たいうちからニンニクのみじん切りを加え、火に掛ける


香りが出てきたら玉ねぎの角切りを加えて炒め、すぐにイカを加えて火を通す


合わせた調味料を加えて炒め、火が通ったら万能ねぎ、パプリカ、あればセロリの葉
を加えて炒め合わせ、出来上がりにパクチーを飾る







確かに塩たまごってぐらいだから、ちょっと塩辛いけど、おつまみにはちょうど
良いかな。まったりした味の塩たまごの黄身が、いい仕事してる。
美味しかった~~。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 








line-s
04.02

コ―ムーの塊肉が手に入らないので、切り身でおためし



        コームー・ヤーン

        豚のど肉焼き  คอหมูย่าง



コームーヤーン




コ―ムーとは、日本でいうトントロ肉。
スーパーでもよく見る、脂身の多い豚のお肉。



この、コ―ムー、やたらと脂身が多いので、そのまま網などで焼くとよくファイヤー
状態になる。
ワタシもやっちまった。直火だったら火はでるし、肉は焦げるし、最悪だった。


タイでは豚の喉肉はかたまりで売っているので、そのまま焼いてからカット
するけど、日本のスーパーではすでに切り身になっている。
だからどことなくちょっと違うけど、両面香ばしく焼いて、ナムチムジェオで
食べれば、それ風になるかなぁ・・・・と、チャレンジ。




材料
コ―ムー(豚の喉または首肉)塊りが手に入ればグッド切り身なら200g程度



下味用調味料
オイスターソース 大さじ1
ヤシ砂糖 小さじ2分の1
ナンプラー 小さじ2分の1
コショウ 少々
パクチーの根 1-2本 みじん切り

上記を混ぜ合わせ、ビニール袋などに入れてコ―ムーを入れて混ぜ合わせ、
2時間ほど漬ける



漬けだれ(ナムチムジェオ)
ナンプラー 大さじ2
タマリンドペースト 大さじ1.5
ライム果汁 小さじ1~1.5
パームシュガー 小さじ2分の1
粉末乾燥唐辛子 大さじ2分の1 結構辛いかも
カオクワ 小さじ1

その他
パクチー みじん切り 適量
赤玉ねぎスライス 適宜
マナオスライス 適量



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タイ産 もち米 米 ライス
価格:990円(税込、送料別) (2021/4/2時点)


カオクワ作りにはコレ


下味が付いているので、焦げないように中火から弱火で両面を焼く。
焦げ付きやすいので、注意が必要。
でも、切り身で薄いのですぐ火が通るので、焼けたらお皿に盛り付け、タレを
付けてキャベツやパクチーと一緒に頂く。



コ―ムーの脂身がとても美味しい。
本当はこれに蒸したもち米と一緒に食べると最高なんだけど、今日はおつまみ
なので、もち米なしで。
いやぁ~~ナムチムジェオが最高に美味しかったよ。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 











line-s
04.01

妙にカノムチンが食べたくなって 作ってみた


 
       カノムチン・ナムヤー          

      ขนมจีนน้ำยา タイ風魚汁掛けそうめん




カノムチンナムヤー



以前、そうめんで一般的なレッドカレーでカノムチン(タイの押し出し麺風)を
作った。
といっても、日本で発酵させてお湯の中に押し出す米麺の生麺なんか手に
入るはずはなく、ほとんどの日本在住のタイ人も使っているそうめんで代用。



今回は掛け汁に、タイでは一般的な魚の身をほぐしてザラザラになるまで
砕いた具材で作る、カノムチン・ナムヤーにチャレンジ。



生のもやしやキャベツの千切り、高菜漬けのような漬物、タイのバジルなどを
一緒に混ぜ混ぜして食べるんだけど、とりあえず手に入るもので作ってみよう。
何故か、タイでカノムチンを頼むと、ルークチンプラー(魚のすり身ボール)が
お約束のように二個入ってくる。なぜ二個なんだろう・・・・ってこたどうでもいい
ので、できることをやってみよう。




材料
シーチキンなどのオイルじゃない水煮缶 1個 ほぼ70g
レッドカレーペースト 20g 大抵一袋50g入りなので、半分弱ほど
ココナツミルク 200㏄
水 200㏄
ナンプラー 小さじ1
魚のすり身ボール 好きなだけ 無ければ市販のすり身ダンゴで
そうめん 一人分なら100gほど



トッピング
生もやし 少々
タイのバジル類 あれば 適宜
インゲン 2-3本を小口切り
キャベツ 千切りで適宜
味が足りなければナンプラー



作り方
魚の水煮缶を一緒にフードプロセッサーかミルミキサーにかけ、粉砕する


レッドカレーペースト、ココナツミルク、ココナツミルクと同量の水を加えた
うえにルークチンを加え、火に掛ける


沸いてきたら粉砕した魚の水煮缶を加えて味をみて、ナンプラーなどが
足りないようなら足す お好みで味の素も


ルークチン(魚のすり身ボール)を適当量加え、茹でたそうめんに掛け、
お好みでトッピングを好きなだけ加えて、混ぜ混ぜしていただく。




久しぶりなので、辛くて魚のダシも効いていて美味しい。
カノムチンと言ってもそうめんだけど、それはそれなりに。
これは決して暖かいたべものではなく、常温で食べるのが普通。
お仕事に出る前だったので、少量しか食べられなかったけど、もう少し
モリモリ食べたかったなぁ。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line
プロフィール

jiab

Author:jiab
ぐーたらながらどうにか一人暮らし。何気に軽いダイエットをしながらの筋肉製作中。世の中に恥ずかしいぐらいやる気が足りないブログかも。どーもスミマセン。

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロとも一覧
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
back-to-top