fc2ブログ
line-s
09.30

とても若いころ、初めて知った韓国スープ


 
        
           ユッケジャンスープ





174761170_3851856458183043_361104369964035917_n.jpg




今では普通になっている焼肉屋さんのいろいろなメニュー。
ガキの頃は、焼肉屋さんなんかに行ったことが無くて、焼肉と言えばジンギスカン
しか知らなかった。
それが、初めて焼肉屋さんに連れて行ってもらった時、何がカルビかサガリかホルモン
か、すら知らなかった。



今と比べてキムチなんかもあんまり売ってなかったし、おウチや外食で韓国料理
を食べるのは一般的じゃなかったころ。



近所にとてもリーズナブルに食べさせてくれる焼肉屋さんがあって、若くてお金
はなかったけど、それでも時々は食べに行くことができた。
そのお店で初めて出会ったのがユッケジャンスープ。
ユッケがなにか、ジャンスープが何かさえ分からなかったけど、もともと辛口な
料理が大好きだったので、これはハマった。



焼肉はほどほどにして、〆にユッケジャン。
大振りなどんぶりにたっぷりのスープ。
若かったから、いくらでも食べられたのね。



まさか自分でユッケジャンスープを作る日が来るとは思わなかった。
外食で食べるってイメージが強かった。
そういえば、食べたこともなかった豚足が大好きになったのもこの頃かな。
最初はゲッと思ったけど、美味しいお店はとても柔らかく、酢味噌で食べると
止まらなかった。てなことでレシピを。




材料
牛肉切り落とし 150g 3分の1ほどにカット
大根 200g いちょう切り
ネギ 100g 約1本分 大き目に斜めスライス
椎茸またはしめじ 少量 食べやすい大きさにカット
たまご 1個



調味料
ごま油 大さじ1
サラダ油 大さじ1 
韓国辛子粉 大さじ2
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
カナリエキスまたはナンプラ― 大さじ1
料理酒 大さじ1
ニンニク 大さじ1/2 すり下ろす 
ダシダ 大さじ1/2  なければ鶏がらスープの素    
水 1ℓ
塩 小さじ3分の2 お好みで調整
コショウ 少々 お好みで



作り方
カットした牛肉と大根を鍋に入れ、唐辛子粉、醤油、カナリエキス(ナンプラー)
料理酒を加え、更にごま油、サラダ油を加えて鍋の中で混ぜ合わせてから火に
掛ける



中火で火に掛け、牛肉に火が通るまで炒める 焦げ付かないように気を付け、
焦げてくるようなら水を少々加えて更に炒める



水1ℓを加え、ダシダとみりんを加える



沸騰してきたら赤い唐辛子油の部分は残して、白くなったアクをとり、中火のまま
で大根に火が通るまで蓋をして5分程煮る



しめじ、ネギを加えて更に3分程煮る 途中味見をして、足りないようなら塩
大さじ2分の1ほど加える



ふたたび味をみて、塩気が決まったようなら黒コショウを加え、2分程煮る



火を大きくしして、溶かしたまごを加え、しばらく置いてからざっくり混ぜる



お好みで、器に盛ってからご飯を加えると、ユッケジャンクッパに。




汗出まくりだけど美味しい。たまらん。
韓国料理って、時々やけに食べたくなるんだよね。
あんまりレシピはもってないけど、これから増やしていこうかな~。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 






    
スポンサーサイト



line-s
09.29

今回は、シェフ三國が考案した一般家庭用レシピで 美味しそうだったので
カロリー無視!!




  不揃いだけどおいしい クリームコロッケ




クリームコロッケ






クリームコロッケなんて、一度も作ったことがなかった。
カニクリームコロッケなど有名だけど、自分で作ろうなんて考えたことすらない。
コロッケと言えばジャガイモ。ひき肉と玉ねぎをまぜたり潰したりして、堅い
ジャガイモ衣を付けたコロッケは何度も作ったことがある。カレー味とか結構
美味しいんだよね。



ところが、シェフ三國はキレイに形作ったりしないで、一般家庭でもカンタンに作れる
クリームコロッケを披露していた。作ってみたい欲がめっちゃ上昇してつい気になって。
しかも相当カンタンだから参ってしまった。




材料
結構沢山出来るので、元のレシピの半分量で記載します
ベシャメルソース
バター 15g
小麦粉 15g
牛乳 150cc 温めておく
ナツメグ 少々
塩コショウ 少々
スライスチーズ 2枚 あればチェダーチーズ
ハム 4枚
ドライパセリ 出来上がりに振る



衣用
小麦粉 適量
たまご 1個
パン粉 適量



作り方
ハム、チーズ(溶けるチェダーがあれば、なけれは普通の溶けるチーズで)
は2㎝角にカットしておく



ベシャメルソースを作る フライパンにバターを入れ溶かし弱火で、小麦粉を加えて
炒め、ある程度小麦粉の粉っぽさがなくなったら、温めて置いた牛乳をすこし
づつ加えて、弱火で熱しつつ溶かしホイパッパーでダマができないように混
ぜながらとろみがつくまで熱し、ナツメグ、塩コショウを加えて味付けする



ベシャメルソースに濃度がついてきたら、カットしたハムとチーズを加えて混ぜる



金属のバットにラップを敷き、その上に出来上がったベシャメルソースを入れ、
冷凍庫で一晩寝かせる



冷凍したベシャメルソースを冷蔵庫に移し、しばらく解凍したら、適度な大きさに
カットして、普通の揚げものと同じく、小麦粉、たまご、パン粉に潜らせて170℃
程度の油で揚げる



きつね色に揚がって、上に浮いてきたものは中まで火が通っているので、順次
油から上げる





しばらくベシャメルソースを避けてきた。ダイエットのため。
でもね、やっぱり美味しいモノは美味しいだよね。
今回はそれほどカロリーのおあるものをつかっていないので、ちょっと気軽。
量の問題とも思えるけど、これはあるわ。めちゃアロイ。(タイ語でおいしい)
参りました。
人間、美味しものをそこそこ食べていないと、萎えます。ホント。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 






    
line-s
09.28

インドで豚肉カレーは珍しいと思うけど、探してみたらありました



         ポーク・ビンダルーカレー




ポークビンダル―カレー






インドは宗教的に牛肉は食べないし、豚肉も食べるのは少数派だと思う。
ほぼベジタリアンなんじゃないかな。
だから一般インド人は痩せているし、お肉を食べていい宗教のひとは割と
お腹がでっぷりしていたり。
そんな中、たくさん買っちゃった豚肉を消費するためもあり、辛いモノに飢えてた
のもあって、豚肉を使ったカレーを探していたら、ありました!!




材料
豚肩コマ肉 300g 食べやすい大きさにカット
玉ねぎ 1個 みじん切り
トマト 200g 缶入りトマトの半分量
水 250ml
バター 10g
あればパクチー、なければ万能ねぎの小口切りでも
仕上げにガラムマサラ 小さじ1



漬け込み用スパイス類
白ワインビネガー 40ml
クミンパウダー 大さじ2
ニンニク 1片 すり下ろす
ショウガ 半片 すり下ろす
塩 小さじ1
砂糖 小さじ1
コリアンダーパウダー 大さじ1
チリパウダー 小さじ1
ターメリックパウダー 小さじ1
粗びき黒こしょう 小さじ4分の1

上記のつけ汁に豚肉をジップロックなどで漬け込み、半日以上冷蔵庫で
おく



作り方
みじん切りにした玉ねぎを、耐熱容器に入れ、3分程チンする



鍋にパターを熱し、チンした玉ねぎを加え、弱火で飴色になるまで炒める



トマトを加え中火で温め、ジップロックに入れていた中身をすべて加えて、豚肉の
色が変わるまで炒める



水を加え、蓋をして弱火で3-40分煮る 途中水分がかなり飛ぶようなら、水
を加える



最後に味をみて塩と足りなく感じるスパイスをを加え、美味しいようなら出来上がり




煮詰めるほどに味わいが深くなるカレーだった。
最初はめちゃ薄味に感じたんだけど、煮込むほどにトマトや玉ねぎ、お肉
からも美味しいダシがでて、最後は大満足。
とにかく辛いモノが食べたかったんで、結構沢山チリパウダー足しちゃった。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.27

久しぶりに辛いモノがたべたくなったので



           パット・ペット・ムー

           豚肉のレッドカレー炒め  ผัดเผ็ดหมู




パットペットムー




街中やフードコートにある、バットに入って並べられているぶっかけ料理屋
さんによくあるメニュー。
いろんな野菜類と豚肉をレッドカレーの素で炒めた一品。
タイ米にパラパラ感によく合うので、ついあれこれ2-3種類のお料理を
ご飯に掛けてもらうとき、よく食べていた。




屋台ご飯のおかず



材料
豚コマ肉 100g
インゲン 70g



調味料
レッドカレーペースト 大さじ2分の1
砂糖 小さじ2分の1
ナンプラー 小さじ1
水 50㏄
豚スープの素(鶏ガラスープの素でも)少々



作り方
フライパンにサラダ油大さじ1を加えて熱し、レッドカレーペーストを炒める



次に適当な大きさにカットした豚コマ肉を加え、レッドカレーペーストと合わ
せて炒める



豚肉に火が通ってきたら、インゲン、水と豚スープの素、砂糖、ナンプラーを
加えて炒め合わせる



水分が少なくなるまで炒めあわせて出来上がり




割と濃い味なので、ご飯に乗せて食べるのが一番美味しいかも。
ご飯がバクバク進むと思われ。
レッドカレーペーストをすこし増やすと、もっとご飯に合うかも。
最近ワタシはお米をセーブしているので、おつまみで頂いたけど、ちょうど
いい味付けになった。
ココナツミルクを足すレシピもあるので、また試してみたいと思う。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 






  
line-s
09.26

スーパーにたくさん並ぶようになった秋鮭。となったらまずはこのレシピ!



             秋鮭の南蛮漬け




秋鮭の南蛮漬け2







当初不漁と言われていた秋の味覚サンマも順調に水揚げされているようで、
一安心。だけど、スーパーに並んでいる生さんまの痩せていることと言ったら!
普段の3分の2ぐらいの細長いサンマは、見ただけで食欲がわかない。
もうちょっと太っちょになってくれたら、ぜひ食べたいところだけど。



なんだかニュースなどを観ていると、この地域では秋鮭よりも立派なブリが
めちゃくちゃ水揚げされている様子。
子供のころ、内陸に住んでいたのでブリはあんまりなじみがないし、ウチのおかん
はブリ大根なんて作ったことがない。
オトンもどちらかというと生魚が苦手なようで、ブリの刺し身も多分無理そう。
だから食卓に上がらなかったのかもしれない。



とにかく魚と言えば、開きホッケ、サンマ、鮭、ニシン、ししゃもってな感じ。
この頃流通が良くなって、子供のころ食べたことがない魚介類もカンタンに手に
入るようになって、食卓が豊になったとつくづく思う。だってホヤなんて食べた
ことも見たこともなかったし。



てなことで、生の秋鮭で恒例の南蛮漬けをば。




材料
生秋鮭 250g 
玉ねぎ 1個 薄くスライス
ピーマン 1個 細くスライス
ニンジン 少々 細くスライス
乾燥赤唐辛子 2-3本 ハサミで小口切り
片栗粉 適宜



着け汁
市販のつゆの素 漬ける器の大きさによって加え、水で薄めて置く
酢 大さじ3-4
顆粒の昆布だし 小さじ1(なくても)
お好みで味の素 少々



作り方
漬け汁を作り、各々カットした野菜類と乾燥赤唐辛子を浸しておく



鮭には塩をして10分ほど置き、出てきた水分をキッチンぺーパーで裏表
しっかりふき取り、骨がある部分は切り取り、一口大にカットしてから
片栗粉をまぶして160-170℃の油で、外側がカリッと多少茶色く色
づく程度に揚げ、そのまま漬け汁に加える



器の荒熱が取れたら、冷蔵庫で2-3時間以上寝かせて味を染み込ませる




本当にこのお料理は毎年時期が来ると作るほど大好き。
お酢が入っているのでサッパリ食べられるし、野菜もたんまり摂れる。
油は使っているけど油っぽさはまったくなくて、モリモリ食べちゃう。
サンマとともに、秋の味覚なのでした。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.25

エノキと鶏ひき肉を使って、奥園先生のレシピでダイエットメニュー



   エノキと鶏ひき肉のふわふわつくね




エノキと鶏ひき肉のつくね





奥園先生の存在は、結構以前から知ってたけど、あんなにほんのりした
関西弁の柔かいひとだとは知らなかった。
レシピ本も結構出しているはずだし、雑誌でも名前はかなり有名だと思う。
それが、youtubeだと、ゆったりしているというか、マイペースそいうか、
存在感が想像と違っていて驚き。
もの凄く親しみやすいキャラクターなのだった。
そういうところを知れるのも、youtubeの良いところかも。



で、今回はダイエットにもよさげなちょっとアレンジした鶏ひき肉とエノキの
つくね。
想像しただけで美味しくダイエットができるにきまってるやん。




材料
鶏ひき肉 150g
エノキ 1袋 石突を付けたまま、先端から超みじん切り
大葉 5枚 みじん切り
醤油 大さじ1
片栗粉 大さじ1
お好みで味の素 少々
塩 少々
ごま油 大さじ1



タレ用調味料
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1 ダイエット中のためパルスイート使用



作り方
みじん切りにしたエノキをビニール袋に入れ、塩少々を加えて混ぜ合わせる



エノキがしんなりしたら、片栗粉を加えて混ぜる



片栗粉が満遍なく混ざったら、鶏ひき肉、醤油、すりおろしショウガ、大葉
を加えて更に混ぜ合わせ、そのまま冷蔵庫で少し休ませる



冷蔵庫で休ませたら、ビニール袋の中身を四角く広げ、ビニール袋をハサミ
でカットして開き、手に水を付けて16等分に分けて丸く成型する



フライパンを中火で熱し、ごま油を加えて肉だねを加え、両面にうっすら焦げ目
が付くまで焼く



両面に焦げ目が付いたら水を大さじ1-2加えて弱火にして、蒸し焼きにする



3分ほど蒸し焼きにしたら、水分が残っていても構わないので、合わせタレを
加えて照りがでるまで混ぜ合わせてできあがり
お好みで一味、または七味唐辛子を振る




このふわっふわの食感は、エノキを加えたからだと思う。
これは凄い発見。
オリジナルで加えた大葉も良い味出してるし。
鶏ひき肉だけだと、結構硬い食感になるけど、エノキを加えただけでこんなに
なるんだーと感心しきりだった。









にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 






    続きを読む
line-s
09.24

暖かいものが食べたくなる秋の夜長



             茹でワンタン




茹でワンタン





もともと春巻きやタコスなど巻くお料理が大好き。
シュウマイは今年一時期凝りまくってシュウマイ週間があったほど。
そんなワタシが秋の気配が色濃くなってきたこの頃、何が食べたいかと
いわれるとやっぱりシュウマイ。
それも、暖かくてあちあちの。
てなことで、今回はエビと豚肉を包丁で叩いて茹でシュウマイを作ることに。



お肉やエビを叩くのは面倒だけど、出来上がって食べた時の喜びを想像
すると全く面倒じゃないから不思議。
さて、つくってみましょうか。




材料
バナメイエビ 100g 包丁で細かく叩く
豚コマ肉 100g 包丁で細かく叩く
長ネギ 15㎝ほどを細かいみじん切り
ショウガ 半片を細かいみじん切り
たまご 1個
片栗粉 大さじ1
シュウマイの皮 20枚
万能ねぎ 少量 小口切り 仕上げに
ラー油 適宜 仕上げに掛ける




調味料
醤油 小さじ2
酒 大さじ1
オイスターソース 小さじ1



タレの材料
醤油 大さじ1と2分の1
練りごま 大さじ1
酢 小さじ1
砂糖 小さじ1
ごま油 小さじ1
ニンニク 2分の1片 すり下ろす




作り方
包丁で細かくカットしたエビ、豚肉と長ネギ、ショウガ、たまご、片栗粉を
まぜ合わせ、醤油、酒、オイスターソースをまぜ合わせ、冷倉庫でしばらく
落ち着かせる



タレの材料をすべて合わせておく



ワンタンの皮に具材を乗せ、四方に水を付けて三角に折りたたむ



沸騰したお湯に具入りワンタンを加え、火が通るまで(3-5分)茹でる



火が通ったら、お湯から救い出して、先に作っておいたタレで頂く





非常に美味しかった!
エビはわざと歯ごたえが残る程度にカットしていたので、その歯ごたえと
ゴマペーストの味わいと刻んだショウガ美味しさ。
こりゃ美味しいワンタン!
たまらなく完食しちゃいました。まぢおススメです!!







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 






    
line-s
09.22

鶏もも肉が1枚残っていたので



                 酢鶏   




酢鶏2




ワタシは酢豚の味がだーい好き。
自宅で作るの面倒なこともあって、あまり作らないけれど、デパ地下などで
美味しそうな酢豚が割引なんかになっていると、つい買っちゃう。



今日は体調がイマイチだしお買い物にも行きたくない気分だったので、冷凍庫
に残っていた鶏もも肉で、酢鶏を作ることにした。
ちょうど、適度に野菜類が残っていたので、即決定。




材料
鶏むね肉 1枚 余分な脂身などをカットして、一口大にきっておく
玉ねぎ 半個 串切り
ニンジン 4分の1個 乱切り
ピーマン 1個 乱切り
干しシイタケ 3枚 お湯で戻して、乱切り
片栗粉 適宜



調味料
鶏肉の下味用
醤油 大さじ1
酒 大さじ1
ごま油 小さじ1



合わせタレ用
酢 大さじ3
醤油 大さじ3
砂糖 大さじ3
ケチャップ 大さじ2.5
酒 大さじ2
みりん 大さじ1
水 大さじ4
片栗粉 大さじ1



作り方
一口大にカットした鶏もも肉に、下味用調味料を混ぜ合わせ、10分ほど置く



野菜類はそれぞれカットして、しいたけを除いて耐熱容器に入れ、レンジで3分
チンする



下味を付けた鶏肉に片栗粉をまぶし、170℃の油で揚げて置く



合わせ調味料をよく混ぜ合わせ、フライパンに入れて中火で熱し、野菜類
揚げた鶏肉を加え、とろみがつくまで混ぜ合わせてできあがり




コレコレ!この味わい!
美味しくて一気に食べちゃった。
鶏もも肉一枚なのにね。
やっぱ好きだわ~~この味。
たまたま鶏モモ肉が残っていて作ったけど、やっぱり豚肉のほうが好みかな。
また作ろうっと。


 





にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 






          
line-s
09.21

またもやリュウジお兄さんのワイルドさにひかれて 一応ダイエッターだし



           叩きささみステーキ




叩きささみのステーキ




いやぁ~、リュウジお兄さんのワイルドさにはかなわない。
普通、きちんと筋を取って料理する鶏ささみを、そのまま、ウイスキーの角
ボトルで叩いて、ぺったんこにしちゃうんだから。
筋なんか気にならないよね~的ワイルドさがたまらない。
多分、ワタシも気にならないんだろう。



見た目のワイルドさに魅了されちゃったので、考えていたレシピを変更したぐらい。
先日、明石家さんまさんのテレビで見かけたリュウジお兄さんは、素面なことも
あって、とってもまともな人だったけど、やっぱテレビyoutubeの自由な崩壊した
お兄さんの方がすきだな。


てなことで、ささみステーキ。超カンタン!!




材料
鶏ささみ 3-4本
付け合わせの葉野菜類 適宜



調味料
バター 10g×2
塩コショウ 適宜
小麦粉 適宜
レモン汁 小さじ1
コンソメ顆粒 小さじ3分の1
白ワインまたは酒 大さじ1.5
黒コショウ 仕上げに適宜



作り方
ささみは筋を残したまま、まな板の上にのせてラップをかけ、ガラスのボトル
などで平たく潰す



両面に塩コショウをし、更に両面に小麦粉をまぶす



バターをフライパンで温め、バターが溶けてきたら鶏ささみを乗せ、両面が
きつね色になるように焼く



両面がキレイに焼けたら、お皿に葉野菜をのせて鶏ささみを盛り付ける



フライパンに残った油に更にバターを10g足し、酒、コンソメ顆粒、レモン汁
を加えて弱火で少し煮詰めてソースを作り、ささみの上から掛ける



仕上げに黒コショウを振って出来上がり




もしもうちょっと味が欲しかったら、ソースに少量の醤油を加えても。
ささみがペッちゃんこなので、確かにに筋なんて全然気にならなかった。
カンタンにできて、すぐ食べられるのでおススメ!
もうちょっと味付けにアレンジがあってもいいかな。偉そうかな。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 






続きを読む
line-s
09.20

韓国ではお祝いやハレの日に作るんだって



                タラのジョン



タラのジョン





韓国料理のジョンとは、お野菜や魚などに小麦粉と溶き卵を付けて焼いた、
ピカタのようなお料理。
そのまんまピカタと言ってもいいかも。
ちょっとお肉続きだったので、最近よく出回っているタラを使って作ってみた。




材料
タラの切り身 2切れ
たまご 1個 割りほぐす
ニラまたは大葉または万能ねぎ 少量
小麦粉 適宜
サラダオイル 適宜 焼きながら、足りないようなら足す



タレ
醤油 適宜
いりごま 適宜




作り方
タラは同じ厚みで一口大になるようにカットして、表裏に塩をして10分置く



水分が出てきたら、キッチンペーパーで表裏しっかりふき取る



水分をふき取ったら小麦粉に絡め、形を整えて、更に二度絡めて安定
させる



フライパンに少量のサラダオイルを弱火で熱し(終始弱火で)たまご液に
くぐらせてたまご液をきっちり切ったタラをフライパンに入れる



途中で油が足りないようなら少量づつ足し、上にニラまたは大葉、万能ねぎ
を乗せ、数回返しながら弱火で焼く



更にたまご液に浸し、同じように焼き目が付かないように弱火で焼き、また
油が足りないようなら少量足す



たまご液が残りそうなら3度付け、または緑のある面だけにたまご液を垂らす
かして、焼き目が付かないように終始弱火で黄色いたまご液の色が生きる
ように、上からちょっとづつ押し付けながらじっくり焼く




とても繊細に作られるタラのジョン。
韓国では、お祝いの席などハレの日に作られる料理だそうだ。
表裏にったく焼き目を付けないよう、常に弱火で焼き揚げるジョン。
韓国料理の繊細さを知った気がする。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.19

ちょっとお試しに作ってみた



            ソムタム・トート

         揚げ青パパイヤのソムタム  ส้มตำทอด




ソムタムトート2




ソムタムもいろんな種類がありすぎるぐらいあるけど、これは異色。
青パパイヤを揚げてしまうという暴挙。
しかし、美味しいければ暴挙だろうがなんだろうが問題ない。
ちょっと前から知ってはいたけど、まだ食べたことはなかった。
お試しで、作ってみることに。




材料
青パパイヤ ささがきにして2つかみ程度
ニンジン ささがきにして、少量
インゲン 2-3本 4㎝ほどにカット
プチトマト 4個 縦2つにカット
ニンニク 1片
赤でも緑でもタイの唐辛子 2-3本
干しエビ 少量
ピーナツ 大さじ1ほどを砕く
小麦粉またはてんぷら粉 適宜
水 適宜



調味料
ナンプラー 大さじ1-
ヤシ砂糖 大さじ1
マナオ汁またはライム汁 大さじ1-
全てを混ぜて、ちょうど美味しいと思うように味を調える
お好みで味の素 適宜




作り方
ささがき、または細切り用ピーラーでカットした青パパイヤとニンジンを
小麦粉またはてんぷら粉にそのまままぶし、次に水を加えた粉にざっくり
混ぜてからサラダ油でカリッと揚げる



ニンニクと唐辛子をあればソムタム用の鉢で、なければ包丁で潰して
調味料すべてとインゲン、プチトマト、ピーナツをボウルあるいはソムタム用
の鉢でタムタムして、少々潰しながら味を馴染ませる



皿に揚げた青パパイヤとニンジンを盛り付け、別の器に調味料その他を
まぜあわせたものを盛り付け、掛けながら一緒にいただく




これは大正解!!
カリッと揚がった青パパイヤの食感はカリカリ、タレを掛けた部分は
じわっとふんわりして味わいはまさにソムタムそのまんま。
だけど揚げ青パパイヤがこんなに食感が楽しかったとは驚きまくり。
これ、絶対リピあり。おつまみに最高です!!








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.18

最近韓国料理が続きますが、どうしても気になって



          韓国屋台サンドイッチ




韓国屋台サンドイッチ




いつものように、youtubeをつらつら観ていると、「韓国屋台サンドイッチ」や
「明洞サンドイッチ」てな名称で、いくつも動画がアップされていた。
まぢに屋台で大きな鉄板でたこ焼き屋さんみたいに野菜たっぷりの卵焼き
とバターで焼いた食パン、ハムやチーズ、その他いろいろな味付けで焼いて
いるお店が多数出てきた。



お店によって、大量の生スライスキャベツを乗せてからサンドしていたり、
ケチャップや何かわからないソース(多分マヨネーズ?)を掛けてからサンド
していたりと、メニューは様々な模様。
変わらないのは、たまご液に多分ネギ、カットハム、玉ねぎ、溶けたチーズなど
をサンドしてめっちゃボリューミーなところ。あとはバターをふんだんに使っている
ところなど。挟むたまごの量も半端ない。



これは一度試してみたい!
ちょうど冷蔵庫に映像で見た、キャベツ、ネギ、ニンジンもあるし、ハムもあるし
チーズもある。お試ししてみましょ~!



材料(一人分。普通二人分から作るらしい)
食パン 1枚
たまご 1個
キャベツ 千切り 少量
ニンジン 千切り 少量
ネギ 輪切り 少量
スライスハム 2枚
ピザ用チーズ 適宜
バター 20g



調味料
塩コショウ 適宜
ケチャップ 適宜



作り方
野菜類を溶いたたまごに混ぜ合わせる



食パンはフライパンにバター10gを塗った中に加え、両面焼き付ける



フライパンにバター10gを熱し、野菜を入れたたまご液を食パンの大きさに
なるように流しいれ、ハムとチーズを乗せて、形作りながら両面焼き、上から
塩コショウする



たまごに火が通ったらケチャップを掛けてからパンの上に乗せ、押し付け
ながらパン全体を落ち着かせて、半分折り畳み半分にカットする





朝から野菜、たまごをたっぷり摂れて、栄養満点のサンドイッチ。
もしかしたら、2枚行けちゃうかも?ってな素朴な味わい。
ケチャップ味がメインになるけど、何とも言えないなつかしさを醸し出して
いるサンドイッチでした。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.17

めちゃ美味しそうなレシピを発見。ワタシが大好きな長芋を使って。



     鶏ひき肉と長芋のふわふわ揚げ




長芋と鶏ひき肉のふわふわ揚げ2




ワタシのオリジナル料理と言えば、長芋グラタン。
あのお料理は、友人が鉄板に長芋を入れて焼いていたのが元祖。
アレンジして、いつの間にか自分の定番レシピになっていた。



という訳で、すり下ろして(そのままでも)焼いた長芋が大好き。
すり下ろし長芋と鶏ひき肉で作る揚げ物なんて、きっと大好物でまた定番
料理になりそう。


てなことで、早速試作。



材料
鶏ひき肉 150g
長芋 150g
たまご 1個 
小麦粉 大さじ3
ニンニク 1片 すり下ろす



調味料
塩 少々
醤油 小さじ1
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
和風顆粒だしの素 小さじ2分の1



作り方
鶏ひき肉をボウルに広げ、軽く塩を振る



長芋は皮を剥きすり下ろし鶏ひき肉に加え、ニンニクもすり下ろして加える



たまごを割りほぐして加え、下味に、醤油、酒、みりん、顆粒和風だしの素
を加えてとことん混ぜ合わせる



揚げ油を鍋または小さめのフライパンに2㎝ほどのサラダオイルを入れ、火に
掛け、160℃程度に熱する



長芋のタネをスプーン二つで油の中にこそげ落とすように、丸くなるように落とし、
裏側が茶色く色づくまで揚げ、ひっくり返しながらきつね色になるまで揚げる



下味が付いているのでそのままで、または塩や醤油をかけていただく




やっぱり長芋はワタシを裏切らない。
めっちゃおいいしじゃないですか。
お醤油をちらっと垂らしていただいたけど、マヂうま。
ところどころに長芋のカットしたのを加えて、歯ごたえをプラスしても良いと
思う。とにかく大成功でした!







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.15

果たしてこれは韓国料理なのか?


 
            エビギョプサル




エビギョプサル2




いつものリュウジお兄さんのレシピ。
エビを豚バラ肉で巻いて焼くお料理なんだけど、彼曰く、新大久保辺りで
流行っているらしい。
でも、ソースも韓国っぽくないし、まぢこれって韓国料理なんだろうか?
でも、ワタシはリュウジお兄さんを信じて、韓国料理とカテゴライズさせて
頂きます。ソースがカンタンでめっちゃ美味しそうだし。




材料
バナメイエビ 好きなだけ 殻と尾、背ワタを取っておく
豚バラ肉 エビと同じ枚数
バター 10g
塩コショウ 少々 両面に軽く振る



ソース
ケチャップ 大さじ2分の1
マヨネーズ 大さじ2
練乳 大さじ2分の1
酒 小さじ1
黒コショウ 仕上げに適宜



作り方
処理をしたバナメイエビに、豚バラ肉をくるくると巻き付け塩コショウをする



ソースを合わせておく



豚肉を巻いたエビを、バターを加え温めたフライパンに加え、弱めの中火で全体
にうっすら焦げめが付き、中まで火が通るまで焼く



上下に焼き色が付き、エビにも火が通ったらフライパンから取り出し、ソース
を付けていただく



この、オーロラソースに練乳を加えるとめっちゃ美味しい。
このソースで韓国料理なのか??と頭の中がはてなマークでいっぱいになる
けど、美味しかったらそれでいいや。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.14

夏も終わったのに、今までになく立派なズッキーニが



        ズッキーニの肉詰め焼き




ズッキーニの肉乗せ焼き







本州地方は野菜が高騰しているらしいのだけど、こちらの地域は長雨
もなく、猛暑だったので、お野菜類の価格に影響はない様子。
今季一番立派に太ったズッキーニも100円ちょっとのお値段。
細いズッキーニなら、カットしてヂチミに入れたりするんだけど、立派
なサイズなので縦切りにして、ひき肉詰めにすることに。




材料
ズッキーニ 1本 太目のもの
豚ひき肉 50g
玉ねぎ 4分の1個 みじん切り
ニンニク 1片 みじん切り
溶けるチーズ 適宜
塩コショウ 適宜
パセリ 適宜 出来上がりに振る
洋風の味付けにしたい場合は、ケチャップ、ウスターソースをこさじ1づつ
加える




作り方
ズッキーニは縦半分にカットし、中身をくりぬき、お湯で2-3分茹で冷まして
おく くりぬいた中身はみじん切りにしてから、水分を絞っておく



サラダ油を入れて熱したフライパンにニンニクを炒め、香りが出てきたら
豚ひき肉を炒める



ひき肉に火が通ってきたら、ズッキーニの中身、玉ねぎを加えて炒め、
塩コショウする



洋風の味付けがお好み場合は、ケチャップ、ウスターソースを小さじ1づつ
加える



ズッキーニの器にひき肉の具材を詰め、平らになるようにならして、溶ける
チーズを乗せ、オーブンでチーズが溶けるまで焼く




これはもの凄く美味しかった!!
ワタシはニンニク、チーズとお醤油の組み合わせが大好きなので、お醤油を
ソースにしていただいたけど、めっちゃ美味しかった。想像の倍ぐらい。
ズッキーニの旬はもうじき終わりだろうけど、大きなズッキーニを見つけたら
また作りたい。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.11




      コロナワクチン 2度目の恐怖




22080801_s.jpg




一度目の接種は、気が抜けるぐらい何にも起こらなくて終了した。
だけど、周りの人達が言う、2度目の接種後の副反応。(モデルナ)
打った腕の部分が痛くて寝返りも打てない、微熱が出た、意識朦朧
となったなどなど。



怖いなーと思いつつ、昨日2度目の接種を終えた。
打って数時間で打った部分が重く感じたけど、それほどでもなかったの
で、甘く見ていたら!
朝、痛さと微熱で目が覚めた。
普段、36℃ちょいぐらいなのに、37.1度もあったので、ビビる。
ワタシにしたら、2年ぶりぐらいの高熱。
なんだかふらふらもするし、汗も出る。
動きたくない。
これが副反応か・・・・



本来週末に受けるべき仕事があったんだけど、この副反応が怖くてパス
させてもらっていたけど、正解だったな。



いつまで続くのかわからない体調不良に、解熱鎮静剤をのんで、どうにか
しのいたけど、明日まだ何か起こるのかな・・・・ちょっと不安。
熟睡もできてないのもあって、倦怠感が残ってるし、もう許して。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.10

なんだかもの凄い長い間、タイに行っていない気がする



             ソムタム・タイ

           青パパイヤのサラダ  ส้มตำไทย



ソムタムタイ




この地域では、まず見られない青パパイヤ。
関東圏ではかなりお安く売られている時もあるようで、めっちゃ羨ましい。
きゅうり、ニンジンやとうもろこしのソムタムは作ってきたけど、青パパイヤ
での本場もんのソムタムには超飢えていた。
だって、タイに行けなくなって1年8か月。
タイでは二日に一度は食べていたソムタム。
どうしてもたべたくなっちゃってた。



ネット通販で、あの遠い石垣島から送料無料ってことで即購入。
ヘタしたら、送料のほうがお高くなる距離。
購入してから速攻送ってくれたので、楽しみに待っていた。



青パパイヤ以外の材料は揃っていたので、おもむろに青い皮を剥き、
ソムタム用ピーラーでパパイヤを削ぐ。
楽しい。
もうすぐソムタムだ!!



ココロの中でそう叫びながら、準備開始。



準備10分食べるの5分。
もちろん本当は、プララーという発酵した魚汁を入れたソムタムプララーが
一番好きなんだけど、そんなこた言ってられない。とりあえずソムタムを!!



てなことで、あっという間にたべちゃった。




材料
青パパイヤ 120gほど 
ニンジン 少量
インゲン 5本程度 3㎝ほどにカット
ニンニク 1個 潰す
干しエビ 少々 硬く乾燥しているタイプなら、しばらく水で戻して5㎜程にカット
ミニトマト 2個程度 半分カット
ピーナッツ 大さじ3 ビニール袋に入れて棒で潰す

 


調味料
ナンプラー 大さじ2~ 味をみながら足す
ライム汁 大さじ3
砂糖  大さじ1(ダイエット中のため、パルスイート1本)
お好みで味の素
緑唐辛子 1-3本 辛さはお好みで みじん切り
ニンニク 1片 包丁で叩き潰してみじん切り



作り方
青パパイヤの皮を剥き、白い部分とニンジン少量を細切り用ピーラーで剥く



あればクロック、なければ青唐辛子とニンニクを細かくカットするか潰し、
ナンプラー、砂糖、ライム汁を加えて潰しながら混ぜる



あれば小さなクロック、なければボウルに調味料と干しエビ、カットした
青パパイヤ、ニンジン、インゲンを加え、軽く綿棒などで突く



ミニトマト、砕きピーナッツを加えてざっくり混ぜ、味見をして何か足りないようなら、
砂糖やナンプラー、ライム汁などをたす お好みで味の素でも



好みの味になってきたら器に盛る




うわぁ、美味しいよ~。
甘くて酸っぱくてしょっぱくて辛い、おまけに干しエビのダシとピーナッツの食感。
たまらない~~。
ソムタムにはいろんな種類があるから、今回はオーソドックススタイルだけど、
いろいろ試してみようかな。しばらくはソムタム続くかも。。。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.09

あまあまなフレンチトーズとは敬遠するけど、これならグッド!



        ガーリックフレンチトースト




ガーリックフレンチトースト2





シェフ三國が一般の人たちにも作りやすいように、工夫してくれているyoutube
で、おおーこれは美味しそう!と思って、すでに2度作っているレシピ。
食パンは少しパサパサになっててもオッケーってことで、また作っちゃう。




甘いフレンチトーストは苦手。
食べられないことはないけど、朝っぱらからあの甘さはちと敬遠しちゃう。
ガーリックが効いているし、さっぱりした味わいのフレンチトースト。
フランスにこんな食べ物があったんだね。





材料
食パン 2枚 一人1枚って感じ 多少日にちが経っていてもオッケー
牛乳 2枚分で150cc
ニンニク 1-2かけをすり下ろす ニンニクが効いていた方が美味しい
パセリ 適宜 乾燥でも生を刻んでも
たまご 1個 割りほぐす
パプリカパウダー 適宜 たまご液と仕上げに掛ける




作り方
牛乳とたまごをよく混ぜ合わせて、ニンニク、パプリカパウダー、パセリ(乾燥でも
生でも)を混ぜ、食パンによく浸す
食パンを上下ひっくり返しながら、たまごと牛乳の液をしみわたらせる




バットに入れて10分程冷蔵庫に入れ、ほとんどのたまごと牛乳の液がパン吸い
込まれた状態に、パンを弱い力で押しながら




フライパンにオリーブオイルをひき、弱めの中火で、何度かひっくり返しながら
焼く ほぼ全体で5分ほど




両面にキモチのいい焼き目が付いてきたら、出来上がりに更にパプリカパウダー
を少量振る
ニンニク以外の調味料が入って居ないので、お好みで塩を掛けていただく




フレンチトーストにこんな食べ方があったとは驚き。
めっちゃ砂糖が入って居るフレンチトーストしかしらなかったから。
これは、ニンニクの量で、美味しいかどうか決まるかも。
ニンニクが少なすぎても、多すぎてもいけない。
ほんのりニンニクが香るってのが一番美味しいんじゃないかな。



食パンが残ったら、絶対作りたいレシピだ。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.08

見つけました!長さ40㎝はあろうかと思われる立派なゴーヤ



   巨大ゴーヤのチーズ入りハンバーグ




ゴーヤのチーズ入りハンバーグ2




夏も終わりのこの頃、いきなり立派で新鮮なゴーヤが出回り始めた。
しかもお値段は198円。普通のスーパーなら規格外の大きさ。
ゴーヤに飢えていたので、速攻入手。さてどうやって食べましょう。



ちょうど豚ひき肉があったため、肉詰めハンバーグに決定。
ついでに真ん中にチーズを入れ込むことに。
さて、美味しく出来たかな?




材料
ゴーヤ 1本 40㎝ほどのもの(なかなかないね) 
豚ひき肉 300g
たまご 1個
パン粉 大さじ5
玉ねぎ 半個ほどを細かいみじん切りに
ピザ用チーズ 適宜
塩コショウ 適宜
片栗粉 少々




作り方
ゴーヤは端を切り取り、1.5㎝から2㎝ほどにカットして、ワタを取っておく



ひき肉に細かめのみじん切りした玉ねぎ、たまご、パン粉、塩コショウを
加え、粘りが出るぐらいに混ぜあわせる こねるぐらいの感じ



ゴーヤを並べて茶こしなどで片栗粉をまぶしておく



肉だねの真ん中にチーズを入れ込み、ゴーヤの中に詰めて形作り冷蔵庫で
30分程休ませる



フライパンにサラダ油を熱し、焦げ付かない程度の火力で裏表を焼き、弱火に
してパパッと水をかけ、5分―8分ほど蓋をして蒸し焼きにする



塩コショウしかお味が付いていないので、お好みでソースやケチャップ&ソース、
ワタシはチーズとお醤油の組み合わせが大好きなので、お醤油で。




美味しかったんだけど、ゴーヤがちょっと堅かったのが残念。
すこし下茹ですればよかったかな。
今後の課題ということで。









にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.07

ユッケジャンは作ったことあるけど、タッケジャンは知らなかった



         鶏肉入りタッケジャン




タッケジャン2




まったく知らなかった韓国料理レシピ。
ヨンジョンさんのyoutubeで、なんて簡単で美味しそうなんだろう!と感動
したレシピの再現。



韓国語はほぼわからないので、ユッケジャンとタッケジャンの違いも判らない。
きっとユッケジャンは牛肉、タッケジャンは鶏肉の意味なのかな。ま、美味しければ
なんでもいいよね、ってことでつくってみましたタッケジャン。
鶏むね肉を使うのが、特徴なんだと思われ。




材料
鶏むね肉 250-300g
ネギ 1本 青い部分は鶏肉と一緒に茹でる
ネギ 青くない部分は4㎝幅で細目にカットする
大根 5-7㎝ほど 鶏むね肉と一緒に茹でる
ニンジン 3㎝ほど 斜めスライスにして細切り
しめじ 4分の1房
玉ねぎ 4分の1を薄切り
もやし 3分の2袋
にら (なくても) 2分の1把 4㎝ほどのカット
たまご 2個




調味料
鶏がらスープの素 大さじ2 あれば昆布、煮干しなどで
カナリエキスまたはナンプラー 大さじ3
酒 大さじ2
みりん 大さじ3
ごま油 大さじ3
醤油 大さじ3
韓国の粗びき唐辛子 大さじ5-6
鶏のゆで汁 1500cc
コショウ 適宜




作り方
水を張った鍋に厚い部分に切り目をいれた鶏むね肉と、大根、臭み消しの
ネギの青い部分を加えて火に掛ける もしあればダシに昆布や煮干しを加え
てだしを取る



アクが出てきたら随時取り除き、20分―25分茹でる



鶏むね肉は繊維にそって割き、大根は食べやすい大きさにカットする



フライパンにカットした大根、ニンジン、ネギ、ニラを入れ、唐辛子粉、ごま油、
みりん、酒を加えて唐辛子粉がよくなじむまで混ぜて、火に掛ける



パチパチ言ってきたら鶏のゆで汁を少々加えて、1分程混ぜ合わせ、割いた
鶏むね肉を加えて優しく混ぜ、更に鶏のゆで汁を足す



しめじともやしを加え、醤油、ナンプラー、コショウを加えて5分ほど沸騰する
まで煮る


仕上げ強火にし、溶き卵を流し込んで混ぜ合わせたらできあがり




鶏むね肉を使っているし、他は野菜ときのこだけなので、とってもヘルシー。
基本の味はユッケジャンと変わらないけど、食べ応えが最高!
韓国の唐辛子は使い切っちゃったので、また買わなくちゃ。
汗ダクダクで頂きました。
マシッソヨ!









にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.05

今年も見つけました!四角豆!!



             四角豆のヤム

             ヤム・トゥアプー  ยำถั่วพู



ヤム・トゥアプー





なかなか手に入らない四角豆。
たまたま家電量販店に用があったので、近くのデパートの野菜売り場を
ウロウロしていたところ、半額シールが貼ってある四角豆を発見。
買わずに通りすがるわけにはいかない。
年に一度手に入るかどうかもわからない四角豆。即お買い上げ。



ちょっとヤムにしては珍しい味付けだけど、早速ヤムに。




材料
四角豆 8本 少し斜めに5㎜程度にカットして、塩水に漬けておく
豚ひき肉 100g
バナメイエビ 大きいにより4-5尾 背ワタの部分に切り目を入れて取っておく
赤玉ねぎ 大き目なら4分の1個 薄くスライス
ピーナッツ 大さじ1 ビニール袋にいれて綿棒で叩いて適度に細かくする
赤唐辛子 1本を小口切り
ゆでたまご 1個 縦に4つ割り
パクチー 適宜




調味料
ココナツミルク 大さじ4~5 器に移し、ラップをしてレンジで30秒チン
ナンプラー 大さじ2
ライム汁 大さじ1
砂糖(ダイエット中のためパルスイート)1本で砂糖小さじ2の計算
お湯 100cc 砂糖を溶かしておく
ナムプリックパオ(チリインオイル) 大さじ2



作り方
塩水につけておいた四角豆を、沸騰したお湯で1分~1分半茹で、氷水に
つけておく



下処理をしたエビ、豚ひき肉もそれぞれ火が通るように湯通しする



調味料をすべて合わせ、まずはエビとひき肉と赤唐辛子、砕いたピーナッツに
調味液をよく馴染ませる



その後、赤玉ねぎと四角豆を混ぜ合わせ、よく調味液を馴染ませる



器に盛り、ゆで卵を添え、上からココナツミルクを少々掛け、パクチーを
乗せて出来上がり




四角豆のシャキシャキ感、ココナツミルクとナムプリックパオ、砂糖とナンプラー
の珍しい味付けが、とても新鮮で楽しい。
きっとまた1年はお目に掛かれないと思うと、なおさら愛しさが増すお味。


この四角豆、時々どこかで見つかるのかもしれないけど、どうやって食べるのか
が判らない人が多いらしい。
普通にお浸しや、てんぷらでも美味しいそうだ。
沖縄では一般的なそうな。



さて、来年も見つけられるかな~。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.04

レンズ豆は使ったことがなかった



      レンズ豆と鶏ひき肉のカレー




レンズ豆のカレー





フムスが大好きなので、ひよこ豆はよく使う。
だけどレンズ豆は使ったことがなかった。
ネットでいろいろ観ていたところ、レンズ豆はひよこ豆みたいに水に長時間
浸したりしなくていいってことを発見。
これは使ってみるしかないでしょ。カンタンが信条なので。



豆だけのカレーはちょっと寂しいので、ちょっとだけ鶏ひき肉を加えてみることに。
ネットではなかなかレンズ豆をつかったレシピはそれぞれに個性的で、安定して
ない感じ。
それぞれを参考にしてみて、アレンジレシピってことで。




材料
オレンジのレンズ豆 100g ピンクレンティルピースとの表記(GABAN)
鶏ひき肉 100g
ニンニク 大さじ1 みじん切り
ショウガ 大さじ1 みじん切り
パクチー 一束の半分ほど 細かくカット
トマト缶 4分の1缶
玉ねぎ 中一個 みじん切り
青唐辛子 2本 種を取ってみじん切り
塩 適宜 味をみながら加える



スパイス類
ホールスパイス
クミンシード 小さじ2分の1
マスタードシード 小さじ2分の1
ローりエ 一枚 あればカレーリーフ



パウダースパイス
ターメリック 小さじ2分の1
コリアンダー 小さじ2分の1
チリパウダー 辛さはお好みで
ガラムマサラ 小さじ2分の1
黒コショウ 適宜



作り方
レンズ豆は水で洗い、800ccの水で10分程アクを取ながら茹で、水分が
足りなくなったら随時足す



フライパンにサラダ油を入れ、クミンホール、マスタードシードを加えて弱火で
パチパチするまで熱し、ニンニク、ショウガを加える



ニンニクが焦げないうちに玉ねぎと青唐辛子を加えて炒め、たまねぎが
しんなりするまで炒める



ホールトマトを一個を手で潰して加え混ぜ合わせ、ローリエ、鶏ひき肉
を加えて鶏ひき肉がポロポロになるように炒め合わせる



ここでパウダースパイスと塩を加え、茹でたレンズ豆を煮汁ごと加える



ここで水分が足りないようなら、随時足す



味をみて、塩と黒コショウを加え、味を決める




初めて作ったけど、美味しかった。
自宅で作る、普通のインドカレーって感じ。
ハンパに残っていたオクラ2本を投入したけど、まったく違和感なし。
これはまた、アレンジ可能だと思う。
なにか野菜類を足したりしてもいいかもね。
ナマステ~。









にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line-s
09.03

オクラは通年で売っているけど、夏が旬なのかな





          オクラの豚肉巻き焼き



オクラの肉巻き焼き





オクラってなかなか安くならない野菜かも。
スーパーでは5本入りだったり、八百屋さんなら10本入りとかで100円
―128円。
5本入りなら78円ぐらいで売ってほしいものだ。
そういえば、今年の夏はゴーヤもズッキーニもそれほどお安くならなかった。
やはり天候不安定などの諸事情なのだろうか。



もっともっとゴーヤを使いたかったけど、スーパーでは大きさは確かに立派
だけど、298円もする。けち臭いかもしれないけど、これは大きな差。
結局今年は一度しかゴーヤを買ってない。
198円で新鮮なゴーヤなら、もう一度買いたいところ。



で、今回はオクラ。
オクラは割と足が速くて、すぐ黒ずんでシナシナになってしまう。
早くつかいきらなくちゃ、ってレシピ。




材料
オクラ 6本 塩で板ずりをしてうぶ毛を除き、そのまま30秒ほど茹でる
豚バラ肉 6枚 広げて片面に片栗粉を振っておく
片栗粉 適宜

もっとたくさん作りたい場合は、オクラとバラ肉の数を合わせて購入してね




調味料
醤油 大さじ1
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1-2
一味唐辛子 適宜
黒コショウ 仕上げに



作り方
ガクを切り落として茹でたオクラを冷まし、豚バラ肉には片栗粉を片面(巻く
面にノリ替わり)に茶こしなどを使って振っておく



オクラ一個につき一枚のバラ肉を巻いていき、冷蔵庫で10分以上置く



フライパンにサラダ油を熱し、中火で肉の巻き終わりを下にして焼く



コロコロしながら焼き、適度な焦げ目が付いたら、弱火にして蓋をして蒸し
焼きする 焦げ目が全面に付くよう、途中で一度ひっくり返す



6-7分蒸し焼きにして、豚バラ肉から大量の脂がでるのでキッチンペー
パーでふき取り、豚肉に火が通ったようなら、合わせ調味料を加えて、纏わ
せるように絡ませる



出来上がったら上からブラックペッパーを振る



これはご飯のお供にもおつまみにも最高。
このタレの調合具合で、美味しくなかったためしがない。
ちょっと濃いめだけど、ごはんやお酒にはベストマッチなはず。
いろんな旬の野菜を巻いてみた~っておもっちゃいます。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
09.01

そろそろ秋めいているけど、まだまだ夏野菜は健在




          ナスのバターみそ焼き



ナスの味噌バター焼き




秋茄子は嫁に食わすなって言葉があるけど、嫁いびりの姑の意地悪って意味と、
ナスは体を冷やすので体に良くないって説、また種が少ないナスは子宝に恵まれ
にくいって意味もあるそうな。
ふ~ん。
要するに昔からお嫁さんはいじめられ、カラダが冷えて子供ができなかったら用は
ないって意味なのか。ひどいね。



まあ、ワタシには姑が居ないので、美味しい秋茄子をじゃんじゃん食べちゃおう。
今回はかっちゃんねるさんを参考に。





材料
ナス 3-4本 ガクを取り、乱切り
万能ねぎ 1-2本を小口切り
バター 10g
すりごま 適宜




調味料
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
味噌 大さじ2
砂糖(ダイエット中のためパルスイート) 小さじ2 
ニンニク 1片 すりおろす
一味唐辛子 適宜




作り方
ナスはガクを取って乱切りにする



調味料をすべて合わせて置く



フライパンにサラダオイル大さじ2とバターを入れて中火に掛ける
バターが溶けてきたら、ナスを加え、しばらく油を纏わせた後、皮目を下にして
2分ほど焼く 火が強すぎるとナスの皮が硬くなってしまうので、弱めの中火で



2分程焼いたらナスを返し、更に2分程焼く



フライパンに油が浮いてきたらキッチンペーパーでふき取り、いったん火を止めて
合わせ調味料を加える



ふたたび弱めの中火に掛け、ナスに調味液が絡まるようになったらお皿に盛り、
万能ねぎを散らして出来あがり





ほんのりバターとニンニクの香りがとってもあっている。
当然だよね。ニンニクとバターってとっても相性がいいんだもん。
その相性の良さから、美味しくないわけがない。
味噌の種類も結構重要かも。
薄すぎても濃すぎてもダメみたい。
とりあえず成功はしたけど、多少改善の余地ありかな~。
もっと生野菜とか合わせてもおいしいかもね。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ


 







line
プロフィール

jiab

Author:jiab
ぐーたらながらどうにか一人暮らし。何気に軽いダイエットをしながらの筋肉製作中。世の中に恥ずかしいぐらいやる気が足りないブログかも。どーもスミマセン。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カテゴリ
back-to-top