fc2ブログ
line-s
05.29

コウケンテツさんのレシピ。
包丁要らずで簡単そうだったので、即チャレンジ!




      もやしと豚ひき肉の味噌つくね




もやしと豚ひき肉の味噌つくね






材料
豚ひき肉 約200g
もやし 一袋約200g
片栗粉 大さじ2



調味料
味噌 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうが すりおろして少々
酒(蒸し焼き用) 大さじ1
白ごま 適量
青のり 適量




作り方
もやしは水洗いして水を切り、ボウルに入れて手でパキパキと折って、細かく
する


細かく切れたら片栗粉をまぶしておく



ボウルの半分にひき肉を加え、味噌、みりん、おろしショウガを加えて、もやしを
まだ混ぜずにひき肉だけよくこねておく



ひき肉が調味料と馴染んだら、もやしと一緒に混ぜ合わせ、更にもやしを細かく
カットしていく



ある程度混ざったら適当な大きさのボウル状に形作り、サラダ油を引いてまだ
火をつけていないフライパンに並べる


並べ終わったら火をつけ、中火で2分程焼く 味噌が入っているので焦げやすい
ので、注意しながら焼く



表側が焼けたら裏返し、弱火の中火にして酒を振って蓋をし、5分程蒸し煮する



無視終わったら蓋を取り、少し強火にして、出来上がりに白ごまと青のりを
乗せてできあがり





最初にひき肉に味付けをしてあるので、そのまま食べてオッケー。
最初にもやしに水分が残っているとねちねちするので、もやしの水分は
取り除いておくように。



もやしのシャキシャキ感とお肉のねっとり感が同時に味わえて、美味しい一品
です。








にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







スポンサーサイト



line-s
05.27

どうしてもピーマンが欲しかったんだけど、一袋198円ってなによ!




        ピーマンのチーズ豚肉巻き




ピーマンチーズ詰め豚肉巻き




タマネギやらピーマンやらがやたら高い。なんで?
ロシアのせい?なんだかわかんないけど、普通のお野菜がめちゃ高い。
ピーマン一袋5-6個入りで198円なんて、見たこともないわ!
玉ねぎなんて高すぎるらしくて、新タマネギしか売ってなかったし。
何が起きてるんだろ~~。




って、多分前にも作った普通のレシピ。
高級なピーマンを使ったお料理だから、うやうやしく食べるよ。




材料
ピーマン 3個
豚バラ肉 110g 
ピザ用チーズ 適宜
酒 大さじ1 蒸し煮用
塩 少々
粗びき黒コショウ 適宜
小麦粉 適宜



作り方
ピーマンを縦半分にカットして、ワタとタネを取り除く



ピーマンの中にピザ用チーズを入れ込み、半分長さにカットした豚バラ肉に
小麦粉を振り、そちら側を中にしてぐるりと巻く



フライパンにサラダ油を少量敷き、まき終わりを下にしてめの中火表面を焼き付け、
転がしながら焼き目を付けたら(ここまで2分程)、チーズの入って居る面を上に
して酒大さじ1を加えて弱火にして、蒸し焼きにする



3-5分程弱火で蒸し焼きにしたら、シンプルに上から塩と粗びき黒コショウを
かけ、出来上がり




塩コショウのシンプルな味付けなのに、高級ピーマンが美味しいのか、めっちゃ
美味しくなりました。
値段が高いと、良く味わうようになるのかな。
マジにピーマンが美味しかった。



これ以上お野菜が高騰すると、どこでもなんでもお高くなるよね。
おかしいのは政治なの?










にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
05.25

和朝食満足過ぎてちょっとおデブになって中止、冷凍してあった塩鮭を使って




             焼き鮭のリエット




焼き鮭のリエット





またまた三國シェフのレシピだけど、彼も道産子なので、塩鮭はなじみが深いんだ
と思う。
いくらフランスで修業していても、北海道弁はそのまんまなのが、なんかカワイイ。
難し気なフレンチを、わかりやすく作りやすくしてくれているのには、本当に感謝。




材料
塩鮭 2切
じゃがいも 1個
水切りヨーグルト 100g 前日から水を切っておく
無塩バター 30g
フランスパン 適量 軽くトーストしておく



調味料
塩 適量
コショウ 適量
オリーブオイル 大さじ1
柚子胡椒 あればお好みで



作り方
じゃがいもは茹でるかレンジでチンしておく



塩鮭は中骨を取り、フライパンに少し多めのオリーブオイルを入れてから、中火で
皮目に火が通るように立てて焼き、後に全体に火が通るように焼く



この時点で、中火から弱火にして、最後の身に火が通るところでは弱火にして
じっくり焼く



火からおろしたら余熱が通るまで数分おく



包丁で皮と身を切り離し、身は包丁で軽くほぐす



ボウルにジャガイモを入れて軽くマッシュしてから無塩バターを加えマッシュ、
更に塩鮭を加えて軽くマッシュする



水切りヨーグルトを加え、あればお好みで柚子胡椒(なくても)塩、コショウを
加えてざっくり混ぜ合わせ、出来上がり



カットして軽く焼いたバケッドなどに乗せて、いただく




三國シェフは、カリカリに焼かれたシャケの皮が一番のお気に入りだったみたい。
それだけで日本酒一合が飲めるぐらい美味しかった模様。
やっぱ道産子だね。




ヨーグルトを使っているからか、ほとんどお魚臭さはなくて、とっても食べやすい
1品でした。おかずじゃなくておつまみだね。










にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
05.14

今日はコウさんのレシピのアレンジ



          揚げない黒酢酢豚




黒酢酢豚






最近ちょっとでぶってきたので、メインのおかずをセーブしている。
しばらくの間、朝ごはんをみっちり食べ過ぎたせいなのか、胃の辺りから
ぷっくりしてきて、こりゃヤバいと思ってももう遅い。
てな訳で、ボリューミーなおかずを控えていた。
でもね、どうしてもお肉が食べたくなる時ってあるよね。



なので、せめて油で揚げないコウさんのレシピで黒酢酢豚を作ってみる
ことに。お肉より、長芋を多めにして。
結局、事情があってあんまり動けないことが原因なのはわかって
るんだけどね・・・




材料
豚ロース肉(とんカツ用) 1枚 8個ほどにカット
長いも 150g 少し多め 乱切り
パプリカ 4分の1 乱切り
白髪ねぎ 10cm分 水にさらしておく
溶き卵 2分の1個分 下味を付けた豚肉に馴染ませる




豚肉の下味
酒 大さじ1
しょうゆ 小さじ2
ショウガ 1片 すり下ろす 




黒酢だれ
黒酢 大さじ4
酒 大さじ2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ1と2分の1
ニンニク 1片 すり下ろす
片栗粉 適宜



作り方
豚肉をカットして、下味を揉みこみしばらくおき、たまご液も揉みこむように
し、たっぷりの片栗粉をまぶしておく



フライパンにサラダ油を適量温め、白髪ねぎを作って残った芯の部分と
乱切りの長芋を中火で炒め、途中でパプリカを加えて炒め、長芋に焼き色
が付いてきたらフライパンからお皿に移す



同じフライパンにサラダ油を加え、たっぷりの片栗粉をまぶした豚肉を加え、
両面に火が通るくらいに焼き、途中出た脂や粉類をキッチンペーパーで拭き
取る



一度火を止め、調味液を加えて混ぜ合わせ、長芋とパプリカを加えて味を
馴染ませ、出来上がりに白髪ねぎを加えたらできあがり




お肉より長芋が多いけど、これでいいんです。
お味はちゃんと酢豚だし、しかも黒酢なのでこゆい~。
ダイエット中は、お肉食べたいけど量を減らしてお野菜を多くして、って
感じかな。
いや、まぢやばいのお腹。
3キロダイエットしたら、焼肉行こう~!










にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
05.07

エスカベッシュって聞いたことがあったけど




            鮭のエスカベッシュ



エスカベッシュ




エスカベッシュって名前だけは聞いたことがあったけど、いろんなyoutubeを
観てわかった。
要するに、欧風南蛮漬けなんだって。
違うのは、野菜類にも火を入れるところぐらいかな。
世界各国、似たようなお料理があるんだね。




材料
生鮭 2切れ 一口大にカットして、塩をして10分程おく
 鮭だけだはなくて、様々な白身魚で作られるらしい
ニンジン 4分の1本 マッチ棒程度にカット
玉ねぎ 2分の1個 薄くスライス
あればセロリか赤ピーマン なくても



調味料
鮭の下味用
塩 適宜
コショウ適宜
強力粉あるいは薄力粉 適量
揚げ油 少量




マリネ液
白ワインビネガー 80cc
水 400cc あれば白ワインで
オリーブオイル 20cc
蜂蜜 大さじ1
タイムなくても 適宜
にんにく 2片 潰しておく
鷹の爪 1本 まるごと
ローリエ 1-2枚
塩 適宜




作り方
カットして塩をまぶしておいた鮭から出た水分を、キッチンペーパーで
押さえるように取り除く



それぞれカットしておいた野菜類を炒める前に、オリーブオイル大じ3
程度を弱火に掛け、潰したニンニクにじっくり火を通して香りを出す



細切りにしておいた野菜類を加えて弱火でじっくり炒め、火が通ったら
白ワインまたは水を加え、白ワインビネガー、蜂蜜、塩を加え、ローリエ、
鷹の爪を加えて混ぜ合わせる



鮭はあれば強力粉、無ければ薄力粉をまぶして、皮目から両面に
火が通るまで揚げ、油を切っておく



耐熱容器に揚げた鮭を入れ、火が通った野菜類を上から掛けて混ぜる



粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩おき、馴染ませて出来上がり




少しオイリーな汁気で漬ける、エスカベッシュ。
冷蔵庫で冷え冷えに保存すれば、フランスパンなんか焼いて一緒
に食べればめっちゃおいいし!
時期的には、キッチンで油を使うのは嫌だろういえど、キンキンに
冷やして食べるなら、夏場でも美味しく食べらえるかも。



作るのもカンタンだし、おススメお料理でし。










にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line-s
05.03

鶏料理が続くけど、好きなんだからしかない




           チキン・カチャトーラ


             イタリアの鶏もも肉のトマト煮




チキンカチャトーラ





イタリア料理なのに、コウさんのレシピ。
無類のチーズ好きなんだけど、何故かモッツアレラチーズは使ったことが
なかった。
これは絶対に美味しいはず!と、作っちゃいました。




材料
鶏もも肉 1枚 300g前後 8個ほどにカット
玉ねぎ 2分の個 みじん切り
ニンニク 1片 みじん切り
ベーコン 2枚 超細切り
缶入りホールトマト 2分の1缶
モッツァレラチーズ 適宜 一袋ぐらい



調味料
塩、コショウ 適宜
オリーブオイル 大さじ2+仕上げに少量
酒 大さじ2
砂糖 小さじ1
塩 小さじ2分の1
出来上がりに粗挽き黒コショウ 適宜
お好みでオレガノ 少々




作り方
玉ねぎとニンニクは細かめのみじん切りにし、ベーコンは細切りにしておく



フライパンにオリーブオイルを大さじ2を熱し、鶏もも肉を皮目から3-4分
焼き目が付くまで焼き、取り出しておく(裏面は生でも煮込むので問題なし)



鶏の脂が残ったフライパンに玉ねぎのみじん切りを加え、少し飴色になるまで
炒め、ニンニクのみじん切りとベーコンの細切りを炒め合わせ、脂を出す



皮目だけ焼いておいた鶏もも肉をフライパンに戻し炒め合わせ、酒大さじ2を
加えてアルコール分を飛ばし、カットトマト缶を加えて、しばらく弱火で煮る



塩、砂糖を適宜加えて味をみて、塩味が薄いようなら塩を足し、とろみが出
てきたら火を消し、モッチェラチーズを千切って加えて余熱で火を通し、仕上げ
に粗びきブラックペッパー、お好みでドライオレガノを振ってできあがり




作り方がカンタンなのに、びっくりするほど美味しく出来た。
最後に加えたモッツアレラチーズとトマト味のチキンの相性抜群!!
これはリピだわ~~。
仕上げのブラックペッパーも、お好みで加えたオレガノの正解。
ご飯いくらで食べちゃえるし、ビールもいっぱい飲めちゃいそう。
久しぶりのビッグな当たりレシピでした。







にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ  

にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ

にほんブログ村 料理ブログへ


 







line
プロフィール

jiab

Author:jiab
ぐーたらながらどうにか一人暮らし。何気に軽いダイエットをしながらの筋肉製作中。世の中に恥ずかしいぐらいやる気が足りないブログかも。どーもスミマセン。

カテゴリ
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カテゴリ
back-to-top